速報
» 2004年04月15日 13時46分 UPDATE

紙でできた25Gバイト光ディスク ソニーと凸版が開発

紙素材でBlu-ray Disc。低コストに生産できる上、廃棄時に簡単に切断して情報保護も。

[ITmedia]

 凸版印刷とソニーは4月15日、紙素材を使って容量25Gバイトの光ディスクを開発することに成功したと発表した。ポリカーボネイトに比べ安上がりな上、廃棄も簡単になる。両社で実用化を目指す。

sk_paper_01.jpg

 Blu-ray Discと同じディスク構造に基づき、紙素材(紙化率51%以上)を使ったROMディスクを開発した。Blu-ray Discがディスク基板に光の透過性を必要としないため、紙素材を利用したディスクの開発が可能になった。

 紙を使うことで、レーベル面の意匠性も高めることができるほか、はさみなどで切断できるため、廃棄時の情報保護も容易になるなどのメリットがあるとしている。

sk_paper_021.jpg

 開発の成果は、4月18−21日に米国で開かれる光ディスクの学会「Optical Data Storage 2004」で発表する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.