ニュース
» 2004年04月21日 16時26分 UPDATE

“ウェアラブルなナイスガイ”がグレードアップ!――Ver.3になった「電脳ジャンバー」 (1/2)

ウェアラブルなナイスガイの必需品、「電脳ジャンバー」がVersion3となって帰ってきた。ポケットが従来の約1.5倍、31個という大盤振る舞い。「ポケットがたくさんあるだけじゃないの?」という声にもめげず、早速「装着」だ。

[渡邊宏,ITmedia]

 「電脳ジャンバー」という商品がある。従来品はすでに紹介済みだが、この電脳ジャンバーがこのたびVersion3に“進化”を遂げた。

 電脳の証、PAN(Personal Area Network)機能もそのままに、最新版はこれまで16個だったポケットが31個に強化。生地の素材も変更された。早速着用して手軽なウェアラブルを体験してみることにしよう。

さりげないウェアラブルで、オレも某国諜報部員か

 この「電脳ジャンバー Version3」は米SCOTTeVEST社の製品。31個のポケットを備え、散らかりやすい電脳小物を完璧に収納してくれる。国内ではpocketgamesが販売を手がけている

photo さりげないデザインの電脳ジャンバーVersion3.0。pocketgamesからは、「ガジェット好きの“諜報部員”の方に」とのこと
photo 着用例

 もちろん、電脳ジャンパーというからには、ポケットが多いただのジャンバーと侮ってはいけない。内側にはポケット間でケーブルを通すためのスペースも設けられており、ポケットにしまった携帯電話にハンズフリーフォンを装着して、襟から出したりといった使い方も可能。

 この仕組みをもって「PAN(パーソナルエリアネットワーク)内部配線システム」と呼ぶそうだ。イメージとしてはこんな感じ。

photo 透視図。内側に配線を行えるのでスマートな収納が可能

 素材は、表地がテフロンコーティングのナイロンで、裏地はポリエステル。生地はあまり厚ぼったい感じのものではなく、ジャンバーといっても軽やか。袖とフードは取り外し可能なので、春先などでも十分使える「3シーズン対応」なのだそうだ。あまりゴテゴテした感じではないところに好感が持てる。

 ちなみに、SCOTTeVESTはこうしたジャンバー型の製品を始め、ジャケット型の「TEC Sport Jacket」や、イヤホンが固定できる電脳キャップ「TEC Hat」などさまざまな電脳グッズを発売している。ウエアラブルガイなら注目のメーカーだ。

なかなかの着心地で驚異の収納能力

 電脳ジャンバー(長いので以下電脳)を羽織る。筆者が春先に着るCOLUMBIAのナイロンジャケットに近いフィーリング。軽くてなかなか。天気によってはスタンドネックがやや暑く感じられるが(何しろ試した日が季節外れの夏日だったのだ)、これも襟の裏側に収納されているフードも取り外せばいい。

 電脳でまず気になるのはポケットの数だ。本当に31個もあるのか。1、2、3、4、……。細かくカウントしていくと、本当に31個あった。ペン差しがあったり、ポケットを内部で仕切るなどやや力業の部分も見受けられるが、それでもこの数は驚異的。

photo 実はこのメッシュのポケット、ファスナーは2つだが、内部に仕切りがありポケットとしては4個

 では、いつも筆者が服のポケットやカバンなどに入れて持ち歩いている小物を電脳に詰め込んでいこう。

 財布、携帯電話、アパートの鍵、タバコ、ライター、iPod……思いつくままに入れていく。両襟の端にはイヤホンなどのケーブルを通すループもついており、服の内側でケーブルがバタつかない。PANと組み合わせれば、効果は倍増だ。

photo 右前のポケットにiPod、そこからケーブルをPANで右襟下へ。イヤホンのケーブルを襟脇のループに。ガジェットと自分との一体感が増す“たまらない感覚”
photo 右外側のポケットには収縮自在のキーホルダーもついており、結構便利

どこまでいける?

 ここまでで、普段、服のポケットで持ち運ぶものはすべて電脳に収納できた。となると、次に収納すべきは仕事道具。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.