ニュース
» 2004年04月30日 18時30分 UPDATE

大量の音楽CDをまとめてMP3化してくれる「livedoor エンコーダー」

MP3化したい音楽CDを送付すれば、CDの全楽曲をMP3ファイル化してCD-RやMP3プレーヤーなどに保存して返送してくれる。

[ITmedia]

 ライブドアは4月30日、ユーザーから音楽CDを預かってMP3データに変換し、CD-RやMP3プレーヤーなどに保存して返送するサービス「livedoor エンコーダー」を開始した。

 ユーザーはMP3化したい音楽CDを同社に送付。同社は預かったCDの全楽曲をMP3ファイル化してCD-R、DVD-R、外付けHDD、MP3プレーヤーのうちユーザーが指定した媒体に保存し、CDと一緒に返送する。返却は同社がCDを受け取った1−2週間後。

 CDは50枚単位で、400枚まで受け付ける。料金は50枚までなら9975円、51−100枚なら1万9950(税込み)と、50枚ごと9975円加算される。サービス開始当初は、50枚までなら8400円、51-100枚なら1万6800円と、50枚増えるごとに8400円加算される割り引き価格で提供する。

 送料が別途1029円必要(全国一律)。CD-RとDVD-Rへの保存は無料だが、外付けHDDやMP3プレーヤーは別料金となる。

 外付けHDDはロジテック製40Gバイトタイプかアイ・オー・データ機器製20Gバイトポータブルタイプから、MP3プレーヤーはアイリバー・ジャパン製の20GバイトHDD内蔵モデルか、同40GバイトHDD内蔵モデルから選べる。

 不正コピーを防止するため、CD-Rなど書き込み可能な記録媒体や、海賊版からのMP3化はしないほか、データを保存する媒体は1つに限る、同一人物から同じCDが2回送られてきたら、2回目以降はMP3化しないなどの規定を設けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.