ニュース
» 2004年06月08日 14時42分 UPDATE

iTunesをワイヤレスで〜アップルが「AirMac Express」発表

アップルが発表した「AirMac Express」は、軽量コンパクトなモバイル用のIEEE 802.11g無線LANアクセスポイントだ。さらに、オーディオ機器に接続し、MacやWindowsマシンの中にある楽曲をストリーミング再生できる「AirTunes」をサポートしている。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 アップルコンピュータは6月8日、「AirMac Express」を発表した。基本的には従来の「AirMac」と同じIEEE 802.11g無線LANアクセスポイントだが、新たに「AirTunes」と呼ばれる機能をサポート。AirMac Expressをオーディオ機器に接続すれば、MacやWindowsマシンの中にある楽曲をストリーミング再生できるという。価格は1万5540円。7月にMacおよびWindows対応のハイブリッドパッケージとして発売する予定だ。

photo iBookやPowerBookのACアダプタにそっくり。側面にWAN側(ADSLモデムなどに接続)ポート、音声出力、プリンタ共有のためのUSBポートがならぶ

 AirMac Expressの外観は、iBookやPowerBookのACアダプタにそっくり。電源コンセントに直接挿すこともできる、一体型のコンパクト設計で重量は189グラム。旅行先のホテルなどへも気軽に持ち運ぶことができる“世界初のモバイル802.11gベースステーション”(同社)だ。無線LANの伝送距離は最大45メートル(見通し)。同時に最大10クライアントを接続可能。128ビットWEPやWPA、ファイアウォールといったセキュリティ機能にくわえ、USB接続のプリンタ共有やブリッジ接続にも対応している。

 注目の「AirTunes」は、MacやWindowsの「iTunes」と連携し、楽曲をストリーミング伝送する機能。AirMac Expressの無線ネットワークに接続したパソコンでiTunesを起動すると、リモートスピーカー(AirMac Expressと接続したオーディオ機器の総称)を自動的に検知し、ポップアップリストを表示する。ユーザーは、ここで使用するリモートスピーカーを選択するだけ。離れた場所にあるオーディオ機器で、iTunesのミュージックライブラリを楽しむことができる。

photo リモートスピーカーを自動的に検知、リストアップする

 対応するiTunesは、最新の「バージョン4.6」となる。日本語版の「iTunes 4.6 for Mac」は今週後半から、また「iTunes 4.6 for Windows」も6月中旬に無償ダウンロードを開始する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)