ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月08日 20時10分 公開

ソニー、Mini PCIカードタイプのIEEE802.11a/b/g準拠ワイヤレスLANモジュール――QoS機能搭載

ソニーは、QoS機能を搭載した、IEEE802.11a/b/g準拠のワイヤレスLANモジュール「2.4GHz/5.2GHz帯無線通信ユニット(SWU-AGK152M)」を7月下旬にサンプル出荷する。

[記事提供:RBB TODAY]
RBB Today

 ソニーは、QoS(Quality of Service)機能を搭載した、IEEE802.11a/b/g準拠のワイヤレスLANモジュール「2.4GHz/5.2GHz帯無線通信ユニット(SWU-AGK152M)」を7月下旬にサンプル出荷する。サンプル価格は35,000円(税込み)

photo SWU-AGK152M

 SWU-AGK152Mは、Mini PCIカードタイプのIEEE802.11a/b/g準拠ワイヤレスLANモジュール。混雑した電波状況でも安定した映像や音声通信を可能にするQoS機能を備える。さらに、同社独自のダイバーシティ技術を採用したことで、さまざまな方向からの信号に適した受信性能を発揮し、安定した通信が行えるという。

 なお、本モジュールは、同社が3月に発売したロケーションフリーテレビ 「エアボード LF-X1」に搭載されており、家庭内でのワイヤレスによるテレビ視聴を実現している。