ニュース
» 2004年07月20日 14時57分 UPDATE

花が震えて音を出す「生花スピーカー」、“あの”イーレッツからも販売

花瓶しか置いていない部屋なのに、どこからともなく音楽が聞こえてくる――そんなスピーカーが発売される。「花や葉から直接音楽が流れることにより、聴く方の夢を広げ、周囲の雰囲気を快適にします」というが、さて?

[渡邊宏,ITmedia]

 衛星デジタルラジオ放送を手がけるミュージックバードは、生花から音を出す技術を実用化した“花スピーカー”「FLOWER SPEAKER」を8月上旬から発売する。

photo FLOWER SPEAKER。接続されている衛星デジタルラジオチューナーはアンプ内蔵の試作品

 FLOWER SPEAKERは、マグネットとコイルから構成される振動部とアクリル製の筒で構成されており、アクリル筒部分に花を生けて花瓶として活用する。一般に広く使われているスピーカーは振動部に電流を流し、コーンを振動させることで音を出すが、FLOWER SPEAKERはアクリル筒部分に生けた花をスピーカーコーンとして利用することによって音を出す。

photo 生けられた花がスピーカーコーンの役目を果たすため、抜いてしまうと音も途切れる(振動部から微かに聞こえるが)。音が出ている葉に触ると、ブルブル振動しているのが分かる

 音を発する花や葉はさまざまな方向を向いているため、音が出る方向もさまざま。同社では「通常のスピーカーと異なり、無指向性の音色を楽しむことができる」としている。開発は情報通信および映像・音響関連機器の開発を行うレッツコーポレーションとの共同で行われている。

photo 展示されていたバリエーション製品

 生けられていた花の振動で音を伝えるため、生けるものにある程度の「面積」と「堅さ」があったほうがよく響くそうだ。切り花用の花瓶タイプのほか、鉢植え用も用意されており、観葉植物からBGMを流すというような使い方もできる。

photo 鉢植え用のFLOWER SPEAKERユニット。振動部を鉢植え樹木の幹に直接取り付けることによって葉を振動させ、音を出す

 販売はミュージックバードおよびレッツコーポレーション、イーレッツ、中愛から行われる(イーレッツとミュージックバードの2社はWeb直販を行う予定)。具体的な販売チャンネルは検討中とのことだが、既に生花店などのからの問い合わせが来ているという。

 価格は花瓶の大きさやチューナー内蔵などの機能差で異なり、5000円〜5万円程度。発売は8月上旬の予定で、同社では月間3000台の販売を見込んでいる。

photo イルミネーション機能付きなども検討中

 本製品は静岡・浜名湖で行なわれている「浜名湖花博」と来年3月から愛知で行われる「愛知万博」にも出展される予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.