ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月05日 12時54分 公開

メールのウイルス感染率は9%以上に悪化。ソフォスが7月のウイルスランキングを発表

ソフォスは、2004年7月におけるウイルスの報告数ランキングを発表した。6月に続いてZafi-Bが1位になっている。

[記事提供:RBB TODAY]
RBB Today

 ソフォスは、2004年7月におけるウイルスの報告数ランキングを発表した。6月に続いてZafi-Bが1位になっている。

 また、7月26日に発見されたMyDoom-Oが8位にランクインしており、こちらも感染が急速に広がっているようだ。

 さらに、6月はメール全体のうち6%がウイルスに感染していると発表されたが、7月は9%以上にまで上がっている。また、新規に検知や削除したウイルスは1,157種類にものぼり2001年12月以降、最大になったことも明らかになるなど、ウイルスの蔓延が深刻化している。

2004年7月のウイルスランキング

 [1位] W32/Zafi-B(59.2%)

 [2位] W32/Netsky-P(15.8%)

 [3位] W32/Netsky-D(4.5%)

 [4位] W32/Bagle-AA(3.3%)

 [5位] W32/Netsky-Z(2.9%)

 [6位] W32/Netsky-B(2.9%)

 [7位] W32/Netsky-Q(1.9%)

 [8位] W32/MyDoom-O(1.7%/新規)

 [9位] W32/Mimail-C(1.5%)

 [10位] W32/Bagle-Zip(0.9%)

 [その他] 5.4%