ニュース
» 2004年09月28日 16時20分 UPDATE

HDD内蔵型ポータブルオーディオプレーヤー購入は「価格」重視

インフォプラントの「HDD内蔵型ポータブルオーディオプレーヤー」に関する調査によれば、回答者の半数以上が購入意向を持っており、購入する際に重視するポイントは「価格」だった。

[ITmedia]

 インフォプラントは9月28日、iモード公式サイト「とくするメニュー」で実施した「HDD内蔵型ポータブルオーディオプレーヤー」に関する調査結果を発表した。

 これによると、同プレーヤーを所有しているのは、回答者全体の5.8%(996人)だった。男女/年代別で見ると、ほかの年代に比べて、19歳以下の男性で所有している割合が11%とやや多い。

 現在プレーヤーを持たない人における今後の購入意向は全体で65.6%を占めたが、その内の56.5%は「いずれ購入する予定」というもので「今後1年以内に購入予定がある」と答えているのは1割弱。

 所有者に現在使っている製品をたずねたところ、「iPod」が17.8%で1位となり、これに「VAIOPocket」(14.7%)、「NETWORKWALKMAN NW-HD1」(14.1%)が続いた。男女別で見ると、男性は「iPod」、女性は「VAIOPocket」がもっとも多かった。

 非所有者で購入意向があると回答した人の欲しいプレーヤーは、「iPod mini」が24.7%でトップ。次いで、「VAIOPocket」(17.4%)、「iPod」(17.1%)と並んだが、一方で具体的な製品が「分からない」の回答も37.2%あった。男女別で見ると、「iPod mini」の割合は女性でやや多く(男性:21.3%、女性:26.9%)、「NETWORKWALKMAN NW-HD1」の割合は男性で多かった(男性:17.5%、女性:10.3%)。

 HDD内蔵型ポータブルオーディオプレーヤーを購入する際に重視するポイントをたずねたところ(最大3つまで選択可)、「価格」が66.4%でほかを圧倒した。それ以外では、「機能性」(39.5%)や「デザイン」(38.3%)が挙げられた。また、男女/年齢別で見られる傾向としては、「操作性」の割合が男女共に年代が上がるにつれて増加した一方で、「デザイン」の割合は男女共、年代が上がるにつれて減少した。「デザイン」を重視するのは、男女共に20歳代以下で多く、特に女性19歳以下は62.5%と突出している。

 同調査対象は、全国のiモードユーザー1万7230人で、男性37.9%、女性62.1%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.