レビュー
» 2004年11月01日 20時19分 UPDATE

小特集:デジタル放送時代の学習リモコン前編:1万円以内で購入できるリモコンの逸品を探す (1/4)

各種リモコン信号がプリセットされた汎用リモコンや学習リモコンは多く発売されているが、一方でAV機器の進化は早い。そこで今回は、カーソルや4色のカラーボタンなど、最新AV機器に対応した学習リモコンにスポットを当て、比較・検討してみたい。

[浅井研二,ITmedia]

 家電製品、特にAV機器が増えると、同時にリモコンの数も増えていく。一般的な家庭なら、最低でもテレビ、ビデオデッキ、DVDプレーヤー、ミニコンポなど、3〜4個程度のリモコンを利用しているのではなかろうか。さらに、DVD/HDDレコーダー、AVアンプなどなど、ちょっと油断していると(?)どんどんリモコンは増えていく。

 こんな状況を打破すべく、各社のリモコン信号がプリセットされた汎用リモコンや、手持ちのリモコンの信号を記憶可能な学習リモコンが多数発売されている。しかし、最近では必要な操作も複雑になってきた。テレビではチャンネル切替やボリューム調整、DVD/HDDレコーダーでは再生制御といった基本操作のみならず、多くのAV機器でいわゆる操作メニュー(番組表も含む)が用意されている。カーソルと決定ボタンも必須というわけだ。さらには、BS/地上デジタルのチューナー(単体であれ、テレビに内蔵であれ)では、「青」「赤」「緑」「黄」のカラーボタンがワイルドカード的な役割を果たし、その場その場の状況に応じて、各種機能が割り当てられている。

 ここでは、BS/地上デジタルの普及を“祝い”(いや、“祈り”か?)、カーソルやカラーボタンが装備された学習リモコンにスポットを当て、比較・検討してみたいと思う。今回は「1万円以下で購入できる製品」を紹介。「大画面液晶を搭載した製品」は次回で取り上げる。

photo

メーカー 型番 価格
日本ビクター 「RM-A1500」(左) 8400円
audio-technica 「ATV-531」(中央) オープン
ソニー 「RM-VL501」(右) 4935円

低価格ながら、プリセットずみの機器が充実〜「RM-VL501」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.