ニュース
» 2004年11月12日 20時50分 UPDATE

民族音楽が“それらしく”聞こえる、iPod用天然ひょうたんスピーカー

8月にも販売された完全ハンドメイドの「ひょうたんスピーカー」の販売が再開。仕入れから手がけたという手作り感が満載の一品だ。

[ITmedia]

 バード電子は、同社が8月に行った「夏休みGTF(がらくたフェア)」でも販売された、完全ハンドメイドの「ひょうたんスピーカー」の販売を再開した。

photo 完全にハンドメイドなので、「スピーカーが埋め込めるひょうたんを選別するのが一番大変」(同社)だそうだ。

 これは水戸産の天然ひょうたんをくりぬき、60φ程度のスピーカーを埋め込んだiPod用スピーカー。アフリカ、中南米、インドなどの民族音楽が“それらしく”聞こえる、ナチュラルさがポイントだ。大きさはおよそ160(高さ)×90(直径 ミリ)。天然物なのですべてサイズと形状は異なる。

 スピーカーが1つ埋め込まれたモノラルタイプ(EZ-HY)、モノラルタイプ×2のセット(EZ-HY2)、EZ-HY2にデジタルアンプをセットしたタイプ(EZ-HY2AP)、側面にスピーカーが埋め込まれたタイプを2つセットにしたタイプ(EZ-HY2R)、1つのひょうたんに2つのスピーカーが埋め込まれたステレオタイプ(EZ-HYT)という5種類が用意されており、価格は5460円から。

photo

 8月に販売した際には2〜3個のみの生産だったが、今回は「水戸へドライブへ行ったときにひょうたんを見つけたので、ついでに80個仕入れてきました」ということで、在庫も豊富。既にEZ-HY2RとEZ-HYTは完売してしまったが、それ以外のタイプはまだ在庫が残っている。

 「完全に趣味のモノなので、仕事が終わってから作っています。趣味なんですが、選別して、切って、タネをくりぬいて……としていると、たまにヤになっちゃうのが難点ですね(笑)」(同社)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.