ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月22日 09時58分 公開

机の下で身を守る「地震対策生徒用デスク」〜コクヨ

コクヨグループのコクヨファニチャーは、教室の机の下に退避して生徒が身を守ることができる「地震対策生徒用デスク」を2005年2月1日に発売する。従来品に比べて約2倍の耐荷重を実現したほか、「つかまり棒」や「保護パネル」を装備した。

[ITmedia]

 コクヨグループのコクヨファニチャーは、教室の机の下に退避して生徒が身を守ることができる「地震対策生徒用デスク」を2005年2月1日に発売する。従来品に比べて約2倍の耐荷重を実現したほか、「つかまり棒」や「保護パネル」を装備している。

photo 「地震対策生徒用デスク」

 強度を高めるため、通常よりも太いパイプ(31.8ミリ径)をフレーム構造に採用し、従来品に比べて鉛直方向で約2倍の耐荷重を実現した。揺れによって身体が机の外に投げ出されたり、机が倒れたりしないよう、机をしっかり握って支えることができる「つかまり棒」を装備。屋内の落下物や飛散物から身を守る「保護パネル」は細かいパンチング穴付きで、机の下にもぐった状態でも周囲の様子を確認できる。

photo つかまり棒(左)と保護パネル

 1号(標準身長105センチ、2万5200円)タイプから6号(同180センチ、3万1500円)まで各種取りそろえる。天板の寸法は700(幅)×450〜460(奥行き)で、メープル柄タイプと、チェリー柄タイプの2種類を用意した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.