ニュース
» 2004年12月07日 16時46分 UPDATE

1枚にDVDとHD DVD――東芝らがDVDプレーヤー再生対応の2層ディスク開発

東芝とメモリーテックが、1枚のディスクにDVDとHD DVDの情報を収録できる2層構造の再生専用(ROM)ディスクを開発。既存DVDプレーヤーでの再生に対応することで、DVDからHD DVDへスムーズに移行できるメリットを訴求。

[ITmedia]

 東芝とメモリーテックは12月7日、1枚のディスクにDVDとHD DVDの情報を収録できる2層構造の再生専用(ROM)ディスクを開発したと発表した。

 新開発のROMディスクは、片面にDVD層とHD DVD層を形成した片面2層構造を形成。光ヘッドに近い層にはDVDの情報を、遠い層にはHD DVDの情報を収録することでワンディスク化を実現している。

photo 2層ディスクの構造

 容量はDVD層が4.7Gバイト、HD DVD層が15Gバイトで、DVD層に記録した情報は従来のDVDプレーヤーで再生可能。既存のDVDプレーヤーでコンテンツを視聴し、HD DVDプレーヤー購入後は同じディスクで高画質なハイビジョン映像を楽しむといった使い方ができる。「この2層ディスクによって、DVDからHD DVDへのスムーズな移行が可能になる」(両社)

 ディスクの製造は、メモリーテックが開発したHD DVD/DVD兼用の製造ラインで対応。HD DVD規格が、現行DVDと同じ0.6ミリディスク2枚貼り合わせ構造を採用しているため、コストも現行DVD(片面2層)程度に抑えることができるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.