ニュース
» 2005年01月12日 05時44分 UPDATE

Macworld Expo/SF:99ドルからのiPod、「iPod shuffle」発表

既報の通り、Apple Computerは開催中のMacworld Expoにてフラッシュメモリ版iPod「iPod shuffle」を発表した。容量の少なさを逆手にとり、ランダム再生(シャッフル)を基本コンセプトにしている。

[渡邊宏,ITmedia]

 サンフランシスコにて開幕したMacworld Expoの基調講演にて、米Apple ComputerのCEO スティーブ・ジョブズ氏はフラッシュメモリ版iPod「iPod shuffle」を発表した。512Mバイト版と1Gバイト版が用意されており、価格は99ドル/149ドル。発売は即日開始されている。

photo iPod shuffleを発表するジョブズ氏
photo 発売は今日から

 サイズは約84(高さ)×約25(幅)×約8.4(奥行き ミリ)・約22グラム。USBメモリのように下部にUSBコネクタが用意されており、USB2.0に対応する。充電式のバッテリーを内蔵しており、約12時間の連続駆動が可能。

photo 「ガムより小さく、コイン4枚より軽い」とジョブズ氏

 ライブラリソフトにはこれまでどおりiTunes(4.7.1以上)を用いるが、PC側のライブラリをそのまま転送するのではなく、名前の通りランダム(shuffle)に曲を転送する形が基本となる。容量が少ないためにPC側のライブラリをすべて転送できないこその、逆転の発想といえる。「iPod shuffleは同じ再生を二度としないという新しい体験をもたらしてくれる」(ジョブズ氏)。

 ランダム再生をさせたくない場合には、iTunes側でプレイリストを作成し、それを転送すればよい。

photo iPod shuffle用のユーティリティ「Autofill」。ライブラリ中からの完全ランダム転送か、再生頻度の高い曲を優先的に転送するかを選択できる
photo USBフラッシュメモリとして利用することも可能で、どれだけの容量をストレージとして割り当てるかを事前に設定することもできる。

 専用オプションとして、Dock、耐水性を持たせたスポーツケース、追加バッテリーパック、アームホルダーも同時に発表された。これらのオプションは1カ月以内に発売される予定。

photo 同時に用意された4種のオプション

 「iPod miniが発売されて1年が過ぎ、ハイエンドフラッシュメモリプレーヤーの市場に食い込むことができた。しかし、フラッシュメモリプレーヤーは“小さなディスプレイ”“快適とは言えない操作性”“ホイールを備えていない”(笑)などの問題を抱えている。iPod shuffleはそうした問題を解決したポータブルプレーヤーだ」(ジョブズ氏)

photo 発売されているフラッシュメモリプレーヤーにホイールがないのは問題だ(笑)
photo 基調講演から30分も経たないうちにサンフランシスコ市内のアップルストアにはiPod shuffleを求める人が長蛇の列を

 基調講演ではそのほか、「Mac OS X “Tiger”」についての機能紹介や次バージョンの「iLife」、プレゼンテーションソフトであるKeynoteの新バージョン「Keynote 2」と、ビジネスレターやメニューなどを簡単に作成できるワードプロセッサ「Pages」が含まれたオフィススイート「iWork」、ディスプレイレスの小型Mac「Mac mini」が発表された。

photo Mac miniを手にするジョブズ氏
photo Mac miniの箱を手にするジョブズ氏

 Mac miniは1.25GHzのG4プロセッサを搭載した製品と、1.42GHzのG4プロセッサを搭載した製品が用意され、価格は499ドル/599ドル。いずれも1月22日より発売される。

photo Mac miniのインタフェースは背面に集中している
photo Mac miniのコンセプトは「BYODKM」(Bring Your Own Display,Keyboard Mouse)だそうだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.