ニュース
» 2005年02月07日 00時38分 UPDATE

シリコンオーディオ販売ランキング(1月24日〜30日)iPod shuffle品薄――その影には何がある?

相変わらずの人気で品薄状態が続くiPod shuffleだが、その影響は販売台数にも現れてきている。この品薄状態は意図的なものなのか?

[渡邊宏,ITmedia]
順位 前回 メーカー名 型番 発売年月日 標準価格
1  4 IRIVER IFP-890 2004/5/1 オープン
2  1 APPLE IPOD MINI 2004/7/24 26800
3  3 RIO JAPAN RIO SU10 256MB 2004/10/1 オープン
4  6 RIO JAPAN RIO SU10 128MB 2004/7/24 オープン
5  7 シーグランド XS700-128MB 2004/12/1 オープン
6  8 シーグランド XS700-256MB 2004/12/1 オープン
7  5 APPLE M9725J/A 2005/1/1 16172
8  2 APPLE M9724J/A 2005/1/1 10458
9  11 APPLE M9282J/A 2004/7/21 31800
10  9 ソニー NW-HD3 2004/12/10 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 アイリバー・ジャパンの「IFP-890」が1位、リオ・ジャパンの「Rio Su10」が3位と4位に入るほか、これまで上位に位置していたiPod勢が軒並みランキングを落とす(iPod Miniは2位に入っているが)という、変化の激しいランキングとなった。

 特にiPod shuffleに関しては相変わらずの品不足が続いているようで、発売開始から3週間近くたった今でも店頭では「次回入荷未定」のポップが並んでいる。この状況は同社のオンラインストアでも変わらず、「出荷予定日:2〜3週」と表示されている。

 このランキングは、売り上げベースの「POSシステム」のデータを集計しているため、販売された「数量」がそのまま順位に反映される。shuffleは人気があっても供給が追いつかず、求める人に行き渡っていない状態に陥っていると考えられる。

 アイリバーやリオの製品が順位を上げているのは、「shuffleの話を聞いてフラッシュメモリタイプに興味を持ったが、shuffleは売り切れで買えなかった」という、浮動層ともいえるユーザーの取り込みに成功したおかげだろう。IFP-890やRio Su10は昨年の半ばから発売されていた製品であり、ここにきて売り上げが伸びているのは、価格引き下げというアクションを起こしたとはいえ、メーカーとしては思わぬ“shuffle効果”といえる。

 アップルという会社についてある程度理解しているユーザーならば、同社の製品供給体制が盤石といえるものではないことを経験的に知っている(昨年末のギフトシーズンにiPodが全米で品薄になるという事態も起こっている)。しかし、iPod shuffleは初めてデジタルオーディオプレーヤーを買う層にもアピールする製品だ。そうしたユーザーが、同社の製品供給体制について多くを知っているなんてことはあり得ない。

 このまま供給不足の状態が続けば「人気はあるけれどシェア(販売数)が伸びない」という、同社としては避けたい状態に陥る可能性も出てきた。それを解決するには迅速な増産態勢の構築しかない。それとも、iTunes Music Store(iTMS)のサービス開始と同時に、「iTMSが利用できる最もリーズナブルなiPod」としてshuffleをアピールするため、意図的に品薄状態を作り出している――というのは考え過ぎだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう