レビュー
» 2005年03月15日 09時12分 UPDATE

バイヤーズガイド:iPodを部屋でも楽しめるスピーカーユニットをチェック (1/3)

shuffleや新型miniなど、よりラインナップの充実したiPod。外出先で毎日iPodを楽しんでいる人も多いだろうが、各社から発売されているスピーカーユニットを活用すれば、自室でも“iPodライフ”が満喫できる。そんなスピーカーユニットをピックアップしてみた。

[ITmedia]

 フラッシュメモリタイプのshuffleに加え、6Gバイトタイプのminiや、身近な価格設定が用意されたphotoも登場し、よりラインナップが充実したiPod。“元祖”であるモノクロ液晶+1.8インチHDD搭載モデルも第4世代に突入しており、外出先では日ごろからiPodで音楽を楽しんでいるという人も多いだろう。

 コンパクトなボディに多いものでは1万5000曲もの音楽を収録できるほか、インタフェースも秀逸で操作にストレスを感じることも少ない。これだけのスグレモノを外出専用のツールとしておくのはもったいない。各社から発売されているスピーカーユニットを使用すれば、自室でもiPodは活躍するのだ。

 Dockコネクタを備えた製品ならば、帰宅してiPodを差し込むだけで外出先で聴いていた音楽が自宅でもミニコンポ感覚で楽しめるし、充電機能やリモコン機能を搭載した製品ならば、より一層便利に扱える。

 各製品とも洗練されたiPodボディと親和性のあるデザインで、スッキリとしたまとまりを見せる。新開発された専用ドライバーユニットを備えるものもあり、音質についても各社のこだわりがうかがえる。

 そこで、各社から発売されているiPod用スピーカーユニットをいくつかピックアップしてみた。外出先のみならず、自宅でも“iPodライフ”を満喫してみてはどうだろうか。

JBL「JBL On Stage」

 数多くの名スピーカーを世に送り出しているJBLが、iPod専用スピーカーユニットとして発売しているのが「JBL On Stage」だ。ユニークなドーナツ型の形状をしており、175(直径)×508(高さ)ミリという小型さながらも、「Odysseyネオジウムドライバー」を使用した25ミリのフルレンジスピーカーユニットを搭載する。

photo JBL On Stage

 パット式のボリュームが搭載されており、軽く指で触れるだけで音量調節が行える。パットは音量UpとDownのボタンを同時押しすることでミュートできるほか、レジューム機能も搭載しており、一度電源をOFFにしても次回の電源投入時には同じ音量で音楽が再生される。

photo 使用するiPodにあわせてスペーサーを入れ替える仕組み

 背面にはDockケーブルを接続するコネクタも用意されており、iTunesとのシンクロはもちろんiPod本体の充電も行える。ステレオミニジャックも備えており、Dockコネクタを備えないiPod用の外部スピーカーとしても機能する。

photo 背面にはDockケーブル接続用のコネクタやステレオミニジャック
製品名 JBL On Stage
サイズ 175(直径)×508(高さ ミリ)
電源 AC
リモコン ×
充電機能
その他 タッチ式ボリューム

対応iPod JBL On Stage
第1世代 ×
第2世代 ×
第3世代
第4世代
mini
photo ×
shuffle ×

■JBL 「JBL On Stage」
JBL On Stageはスピーカーメーカー「JBL」が送り出すiPod専用製品。ユニークなドーナツ型の形状をしており、「Odysseyネオジウムドライバー」を使用した25ミリのフルレンジスピーカーユニットを搭載する。

ALTEC LANSING「inMotion」「inMotion mini」

 ALTEC LANSINGのiPod専用スピーカーユニットが「inMotion」シリーズだ。「inMotion」とmini専用の「inMotion mini」、リモコンを備えた「inMotion 3」、inMotion 3のブラックバージョン「iM3 BLACK」という4製品が用意されている。

 inMotionは204(幅)×138(奥行き)×30(厚さ 折りたたみ時)ミリというコンパクトさながらも、独自の「MaxxBass技術」によって深みのある低音を再生する。Dockコネクタを備えており、操作も電源・音量調節のみと非常にシンプルだ。

photo inMotion

 背面にはDockコネクタも用意されているので、PCを接続すればiPodを本体にセットしたままiTunesとシンクロさせることができるほか、音声入力端子も用意されているので、その他の機器の外部スピーカーとしても機能する。本体は折りたたみ可能で、持ち歩きも容易。ACアダプターのほか単三形乾電池×4本でも駆動するので、キャンプなどのアウトドアで音楽を楽しむこともできる。

photo カセットテープケースのように、くるっと折りたためる
photo 折りたたみ時

 inMotion miniはmini専用となる製品で、本体サイズも178(幅)×113(奥行き)×25(厚さ)ミリと一回り小さくなっている。主な機能はinMotionと同様だ。

photo inMotion mini
photo inMotion miniも折りたたみ機能を備える
製品名 inMotion/inMotion mini
サイズ 204(幅)×138(奥行き)×30(厚さ)ミリ/178(幅)×113(奥行き)×25(厚さ)ミリ
電源 AC、乾電池(単三形×4)両対応
リモコン ×
充電機能
その他 折りたたみ式、電池駆動可能

対応iPod inMotion inMotion mini
第1世代 × ×
第2世代 ×
第3世代 ×
第4世代 ×
mini ×
photo ×
shuffle × ×

※発売元の丸紅インフォテックでは、inMotionにiPod miniを装着するためのアダプタを無料で提供中。詳細はこちらを確認のこと


■ALTEC LANSING「inMotion」
inMotionはペットボトル以下という軽量さながらも、独自の「MaxxBass技術」によって深みのある低音を再生するiPod用スピーカーユニットだ。折りたたみも可能で、自室だけではなく、アウトドアなどのシーンでも活躍する。

■ALTEC LANSING「inMotion mini」
inMotion miniは対応するiPodをminiのみとすることで、一層小型となったモデル。深みのある低音を再生する「MaxxBass技術」や折りたたみ機能、単三形電池での駆動など主な特徴は兄弟モデルの「inMotion」と共通だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.