ニュース
» 2005年03月18日 16時18分 UPDATE

愛・地球博に行ってきました:コッソリこんな凄いロボット作ってました――トヨタグループ館 (1/2)

トヨタ博…もとい、愛知万博の見所は、なんといってもトヨタグループ館。2足歩行型/2輪走行型のヒューマノイドや、人を乗せて歩ける搭乗歩行型など自動車メーカーらしい発想のロボットが華麗なパフォーマンスを繰り広げている。

[西坂真人,ITmedia]

 愛・地球博は“万国博覧会”だけあって、世界各国からさまざまな人が訪れる。当然、セキュリティ対策も厳重で、会場入り口では荷物検査と金属探知器によるチェックがすべての来場者に対して行われる。

photo “万国博覧会”だけあって、世界各国からさまざまな人が訪れる
photo セキュリティも厳重

 さらに21世紀の万博らしく、入場チケットにも工夫が凝らされている。テレホンカード大のチケットには、日立製作所の非接触ICチップ「ミューチップ」が埋め込まれているのだ。

photo 愛知万博の入場チケット
photo 裏返して透かして見ると、ミューチップ&アンテナの影が分かる

 チップ1つ1つに固有のユニークIDを付与することができるミューチップによって、入場券の偽造防止や券種識別が簡単にできるようになる。紙に埋め込み、これほど大々的な規模で非接触ICチップを活用する例は、今回の愛知万博が初めてという。

ここは押さえておけ!――トヨタグループ館

 リニモ万博会場駅すぐ前の入り口「北ゲート」を、厳重なセキュリティをくぐりぬけてすぐに、国内大手企業が出展する「企業パビリオンゾーン」が広がっている。その左側のゾーンBにひときわ目立つ円筒形の巨大な建物が、愛知万博で絶対に外せないパビリオン「トヨタグループ館」だ。

photo 愛知万博で絶対に外せないパビリオン「トヨタグループ館」

 今回の万博は、トヨタ自動車のさまざまなバックアップがなければ成り立たなかったといわれており、別名「トヨタ博」ともささやかれている。それだけに、パビリオンにかけるトヨタの意気込みは並大抵のものではない。その1つが、今回の万博の最大の売りでもある「ロボット」を使ったパフォーマンスショーだ。

 トヨタグループ館は人気なだけに、プレスプレビューで早くも初回分から整理券が配られていた。東京ディズニーランドのファストパスのように、整理券には何回目の公演なのかと、入場開始/入場締め切り時間が記載されている。会場に着いたら、まずこの整理券をゲットすることをお薦めする。

photo これをゲットしないと始まらない「整理券」
photo 会場には、各パビリオンの待ち時間を表示する電光掲示板も用意されている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.