ニュース
» 2005年03月22日 11時26分 UPDATE

愛・地球博に行ってきました:“愛知ネイティブ”じゃない人のための万博持ち物ガイド

もうすぐ開幕する愛・地球博。土日や祝日に訪れるあなたを待っているのは、数々の行列だ。少しでも快適に愛・地球博を見学するために持って行きたい物をリストアップしてみた。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 愛・地球博の一般向け内覧会初日となった3月19日、リニモへの乗り換え駅である藤が丘駅に朝9時すぎに到着した記者は「リニモに乗るのに60分」という事態に愕然とした。この日、藤が丘駅のリニモ乗り場に滞留していたのは約7000人。しかもリニモが乗車定員を超え、重量超過で駅に止まったまま動かなくなる事態まで発生した。

 リニモで、入場ゲートで、パビリオンで……愛・地球博を訪れるということは、行列をいかにスマートにやりすごすか、ということでもある。あなたを待っている数々の行列を少しでも快適に過ごすために、「あると便利」な持ち物を挙げてみた。万博へ行く人は出かける前にチェックしてみてほしい。

photo 前日、18日に撮影した藤が丘駅のリニモ乗り場。乗り場自体は地下にあるが、駅の上にかなり広い屋根付きのスペースがある
photo 19日の午前9時の藤が丘駅。乗客の列は広いスペースを埋め尽くしてもまだ終わらず、この周りをぐるりと一周していた(上)。「あと60分」の看板を見たときには、本気で帰りたくなった……結局リニモに乗るのに50分行列した(下)

トランパス対応ユリカは必携

 会場に行く方法はシャトルバスなどいくつかあるが、一番人気が高いのが「リニモ」を使って行く方法だ。

リニモの実際の乗り心地などについては3月18日の記事を参照していただくとして、是非持って行って欲しいのが「ユリカ」。リニモや地下鉄の自動改札をそのまま通れて便利だ。

 ユリカは名古屋市内の地下鉄やバスで使える共通乗り物券だ。「トランパス」と書かれたトランパス対応ユリカは、市バス・地下鉄、名鉄バス、名鉄電車、桃花台新交通、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、リニモのすべてに乗車できる。「JR以外ならたいてい乗れる」と思っていい。

 ユリカにも割引の種類によって数種類あるのだが、旅行者なら普通のタイプがいいだろう。栄(名古屋の中心部)から藤が丘駅まで地下鉄で290円、藤が丘から万博会場までリニモで340円片道でかかるので、1000円のユリカは1日で使い切れる。

photo 2000円のユリカで2200円分、3000円のユリカで3300円分使える。また、積み増し(残高が足りないときにお金を追加する)に対応しているのが2000円以上ということもあり、1日以上滞在するなら2000円以上のユリカがおすすめ

暇つぶしアイテムも忘れずに

 あとあると便利なのが、iPodや文庫本、PSPなど「携帯できる暇つぶしグッズ」。何かにつけて並ぶので、楽しく時間をつぶせるものは忘れずに持って行きたい。

 携帯電話やPHSも忘れずに。会場は非常に広く、しかも待ち合わせに適したスペースはほとんどない。友人や家族とはぐれると再会するのは大変だ。

 もう一つ、記者が「持ってくればよかったなあ……」としみじみ思ったのが、キャンディやチョコレートといったおやつ。広さに比べると飲食施設が少ないため、会場内の飲食施設はどこも大行列だ。「お腹空いた」と思ってから食事にありつけるまでには1時間半はかかると心得たい。しかも自動販売機の飲み物以外はどれもこれも非常に高い。

 愛・地球博ではテロ防止のために缶、ビン、ペットボトルのほか、お弁当の持ち込みも禁止になっているが、お菓子類なら問題ない。キャンディやチョコレートなど、手軽に食べられるカロリー補給源を持って行くことをオススメする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.