レビュー
» 2005年03月29日 15時27分 UPDATE

読者プレゼント付き:iPodケース特集――あなたに似合う1台は見つかるか? (1/4)

たくさんのメーカーからたくさんの製品が発売されているiPod/iPod mini用のケース。これだけあると目移りしてしまうが、その中でお気に入りの1台を選び出すのも、他のポータブルプレーヤーでは真似のできない“iPod”の魅力だ。そこで日々、iPodケースのリリース記事と格闘している担当記者が、できるだけたくさんのiPodケースを集め、試してみた。

[北村明子,ITmedia]

 iPod人気にあやかって(?)、各メーカーから毎日のように発売されるiPodケース。もちろん、ユーザーの需要に基づいてもいるのだろう。たくさんのポータブルオーディオプレーヤーが発売されているけれど、これだけ豊富にケースがそろっていて、着せ替え人形感覚で“遊べる”プレーヤーはほかにないからだ。こればっかりは他の高機能プレーヤーには真似のできない“iPod”ならではの楽しみである。

 実は筆者、このiPodのケースを担当している。毎日毎日、iPodのケースの記事を書いていてふと考えた。これまで市販されているケースはいったいどれぐらいの種類があるのだろう? それぞれの製品で、使いやすさはかなり違うのだろうか?

 こういうことは、考えているより実際に手にとって確かめたほうが早い。ということでいくつかのメーカーにご無理を言って、できるだけたくさんのiPodケースを取り寄せてみた。

 今回お借りしたのは、フォーカルポイントコンピュータ、ビザビ、アベニューディー、ヘビームーン、MJソフト、suono、シグマ・スタイル・ジャパンとアップルコンピュータの7社の51点。それにスタッフの私物数点だ。

  • フォーカルポイントコンピュータ
ak_DSC0730.JPG

 TUNEWEARブランドのケース。左から本革ケース「PRIE HOOK」シリーズ、水に強いプロテクトケース「WATERWEAR」シリーズ、シリコンケース「ICEWEAR」シリーズ。また、右上は羊革ケース「PRIE Sheepskin」、右下2つは、「iPod アーマー mini」と「iPod アーマー mini クリア」

 まず目がついたのが本革でできているというPRIE HOOK。ただ、見た目はシックでおしゃれなので、女性でも持ち歩けそうなのだけれど、付属のカラビナが意外とゴツくて重い。どっちかというと男性向きか。その点、PRIE Sheepskinは、付属のストラップが長いのでポシェットっぽく持てるのがかわいい。革製を、という女性なら文句なくこっちだろう。

  • ビザビ
ak_DSC0735.JPG

 上は、おしゃれな和風ケース「みやび」。左下は、「Optex」という超極細繊維素材を採用したやわらかケース「PodSleevz Case」。右下は、ビニールクリアジャケットとハードケースのセット「cocoon」

ak_P1010706.jpg 穴はかなり小さいから、お気に入りの柄を探すのはなかなか大変

 みやびは、反物を使用しているため、商品の絵柄が一つ一つ微妙に違うそう。というと、実際に柄の違いを見て、お気に入りの1台を選びたくなる。

 しかし残念ながら製品パッケージはクリアケースじゃなく紙の箱で、そこに丸く穴が開いているだけ。好みの柄を探したい人は、その穴を頼りに、片っ端から中を覗いて好みの柄を探すことになりそう。

  • アベニューディー
ak_DSC0728.JPG

 incaseシリーズ。左は、フラップを開閉するタイプの革ケース「incase Leather Folio」。その右隣は、シンプルなナイロンケース「incase Nylon Sleeve」。その右隣3つは、オープンな革ケース「incase Leather Sleeve」で、iPod用もある。

ak_DSC0728_2.JPG incase Leather Folio。ケースの中には、コネクタを保護するゴムが付いている。最初タグかと思ってしまった
  • ヘビームーン
ak_DSC0737.JPG

 上は、ほわほわ、もこもこアニマル柄ケース「SportSuit Safari」。フラミンゴ、キリン、ヒョウ、黒ヒョウ、白クマ、タイガー、シマウマの7種類。左下は、丈夫で軽量なネオプレーン素材のケース「SportSuit2 ZZ」。また、右下はストライプ柄のナイロンケース3点セット「MetroVue」。赤・黄・青カラーのセットと、紫・水色・桃色セットの2種類をラインアップ。

 SportSuit Safariは、ふかふかしていて手触り抜群。筆者のお気に入りは、毛足の長いフラミンゴと黒ヒョウと白クマ。意味もなくずーっと触ってしまいました。

 MetroVueシリーズは、“メトロ”というぐらいなのだから、東京の地下鉄の色にあやかっているのか? 筆者の推測では、赤は丸の内線、黄色は銀座線、青は三田線。紫は半蔵門線、水色は東西線、桃色は浅草線だ(あくまでも推測だ)。

  • MJソフト
ak_MJSOFT.JPG

 上2つと右下は、色使いがステキなウール素材のケース「ABITAX」シリーズ。左下2つは、メッシュ素材のCarryingcase.net オリジナルケース「Spider Jacket」。

 ABITAXシリーズは大人気らしく、10種類あるうち3種類しか借りられませんでした。残念。しかしウール素材はなんといっても冬っぽい印象なので、そろそろ季節外れかもしれない? そろそろ春夏バージョンの発売を期待だ。

  • suono
ak_DSC0723.JPG

 柄がかわいい手作り布ケース。左上がiPod shuffle用「RITMO」、右がiPod mini用「COLORE」、左下がiPod用「tocca」

 どのシリーズも色違いや柄違いを沢山ラインアップしているので、洋服を選ぶ感覚でケースも選べる。実に楽しい。

 ちなみに筆者は、suonoとバード電子のコラボモデルのiBookケース持っている。というわけで、iPodケースもおそろいにしようかな、などと考えてしまった。

  • シグマ・スタイル・ジャパン
ak_DSC0740.JPG

 編み上げがワイルドでおしゃれな革ケース「BOOTS MODEL」。

 とにかくデザインがカッコイイ! とにかくカッコイイ。

 しかし、カバンの中がゴチャゴチャな筆者。カバンから出し入れしする時に、サイドの革ひもが何かに引っかかってブチっと切れてしまいな気もする……。それがちょっと怖い。

  • アップルコンピュータ
ak_APPLE2.JPG

 おなじみ。シンプルなナイロン黒ケース。

 今さらながら気がついたのだが、ちゃーんとアップルマークが付いてるのね。

  • サーティーンデザインズ
ak_DSC0742.JPG

 完全受注生産の革ケース。シンプルな革ケースに、同社アクセサリを付属できる。ケースは黒もあり。

 ケースがシンプルゆえに、付属させるアクセサリがポイントとなる。アクセサリ選びにかなり迷いそうだけど、それも楽しいか。

ケースを分類してみる

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.