ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年04月11日 18時43分 公開

シリコンオーディオ販売ランキング(3月28日〜4月3日):「3Gバイトで1万4800円」がベストバランス?

低価格化が進むポータブルオーディオプレーヤー。「3Gバイトで1万4800円」の新製品が登場したら人気になる?

[渡邊宏,ITmedia]
順位 前期順位 メーカ名 型番 発売年月日 標準価格
1 1 APPLE IPOD MINI 4GB 2005/2/23 20763
2 2 APPLE M9724J/A 2005/1/1 10458
3 7 APPLE M9725J/A 2005/1/1 16172
4 4 APPLE IPOD MINI 6GB 2005/2/23 26477
5 3 RIO JAPAN RIO SU10 256MB 2004/10/1 オープン
6 11 RIO JAPAN RIO SU10 128 2004/7/24 オープン
7 5 クリエイティブメディア CMVN200256 2004/11/1 オープン
8 8 APPLE M9282J/A 2004/7/21 31800
9 13 IRIVER IFP-890SE 2005/2/1 オープン
10 12 シーグランド XS700-128MB 2004/12/1 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 今週のランキングはiPod mini(4Gバイト/6Gバイト)とiPod shuffle(512Mバイト/1Gバイト)が1位〜4位を独占。それにRio Su10が続くという構図になった。iPodは20Gバイトモデルも8位に入っており、iPodシリーズとRioだけで合計7製品がランクインしている。

 富士通キメラ総研の調査報告によると、2004年は100万台規模だったポータブルプレーヤーの市場は2008年には330万台の規模に拡大するとのことで、ソニーもNW-E5xx/4xx/1xxの発表時に「2005年にはポータブルオーディオの主流がデジタルタイプ(フラッシュメモリ/HDD)に移行する」と予測している。

 ここまでデジタルプレーヤーの市場が大きくなってきたのは、使い勝手や容量の増大、デジタルプレーヤー自体の認知度アップなどさまざまな要因が作用してる。が、ここ数カ月には話を絞れば、低価格化が大きな後押しになっている。

 今年に入ってiPod shuffle(512Mバイトで約1万円)が登場、iPod miniも価格改定(4Gバイトが約2万円に)を行っており、気がつくと、フラッシュメモリタイプならば512Mバイト=1万円台前半、HDDタイプなら4Gバイト=2万円台前半、20Gバイト=3万円台前半という容量と価格のバランスラインが見えてきている。

 ちなみに、今回のランキングに登場している10製品の平均価格は1万4850円(オープン価格の製品についてはITMedia Shoppingにて最安値を調査)、平均容量は3.15Gバイトだった。

 フラッシュメモリとHDDタイプを区別せずに算出した数字であるので、いささか乱暴な平均値であることは十分承知している。だが、出てきた数字を見ると何となく納得できるのも事実だ。

 「3Gバイトで1万4800円」という新製品が登場すれば、容量と価格のバランスという点からも、人気が出てもおかしくないと思うのだが、どうだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.