ニュース
» 2005年04月19日 11時17分 UPDATE

部屋に1万個の星空――光学式プラネタリウムが家庭にも

セガトイズとプラネタリウム開発者の大平貴之氏は、世界初となる家庭用光学式プラネタリウム「HOMESTAR」(仮称)を7月に発売する。大型プラネタリウムなみという6.5等級までの恒星およそ1万個を自室で楽しめる。

[ITmedia]

 セガトイズとプラネタリウム開発者の大平貴之氏は、世界初となる家庭用光学式プラネタリウム「HOMESTAR」(仮称)を7月に発売することを発表した。価格は2万790円の予定。

photo HOMESTAR

 HOMESTARは同社と大平氏の共同開発となる家庭用プラネタリウム。家庭用としては世界初となる光学式(投影レンズによって星を壁やスクリーンに投影する方式)を採用し、大型プラネタリウムなみという6.5等級までの恒星およそ1万個を投影することができる。

 この性能は業務用に匹敵するほか、新開発の超広角投射レンズや独自の投影機構を採用することによって、これまでの家庭用プラネタリウムでは主流であったピンホール式では再現することができなかった高輝度かつシャープな投影を可能にしたという。星座絵や星座線を加えることもでき、教育分野でも利用することができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.