連載
» 2005年04月21日 00時00分 UPDATE

今日から始めるデジカメ撮影術:第20回 水族館の暗さとストロボの関係 (1/3)

水族館で気軽に写真を撮ろうと思っても、館内は暗いので撮影するにはなかなか難しい。今回は、ちょっとした工夫で暗い室内でもきれいに撮れる方法をお伝えしよう。

[荻窪圭,ITmedia]

 このところ水族館の人気が上がっているそうで、水族館のリニューアルも結構あるようだ。最近の水族館は演出もうまくてすごくきれい。思わず写真を撮りたくなる。

 でも水族館で撮るのはちょっと難易度が高い。何しろ室内で暗いから。

 まず気に留めておく必要があるのは、「撮影禁止の場所」では撮らないこと。特に重要なのはフラッシュ禁止の場所だ。デジカメのストロボ発光が「オート」になっていたら、必ず発光禁止にしておくこと。特にフラッシュ撮影が禁止されてない場所でもフラッシュを焚くと他の人も驚くし、あまり頻繁だといやがられるので(やはり、急な強い光は誰しもいやなもの)気をつけよう。

魚を撮ろう

 まず水槽を見る。当たり前。外からの日差しが入っていたりしてとても明るかったらラッキーだ。そこそこのシャッタースピードは得られる。

 できるだけ水槽のガラスに近づくこと。ガラスとの間に隙間ができればできるほど室内の灯りが反射して写り込んでしまうからだ。

 次に難しいのはピント。もともと水槽の中はピントが合いにくい上に魚が高速で泳いでいるとさっとピントを合わせてさっと撮るのは極めて難しい。だから「この水槽で撮りたい」と思ったら、そこでまず魚と同じような距離にある動かないもの(水草とか)にフォーカスロックして待つ。シャッターボタンを半押しするとピント合わせだけ行えるので、その状態で待つのだ。

 そして魚がやってきたら撮る。何枚も撮るのがいい。ズームは広角側にしておくこと。その方がシャッタースピードを上げられて失敗しづらいからだ。

 もしシャッタースピードが表示されるデジカメならそれをチェックしよう。1/30秒より遅いようなら、ISO感度を上げてみるのも手だ。

ak_IMG_2116.jpg 後ろの岩にピントを合わせて待って撮ったが、魚の動きが速すぎて失敗。1/10秒
ak_IMG_2118.jpg 同じ場所で同じ1/10秒で撮ったが、たまたま動きが遅い魚が下の方を通り過ぎてくれたのでなんとか撮れた
ak_IMG_1942.jpg これはもうすごく暗い水槽だったがピクリとも動かないのできれいに撮れた。なんとシャッタースピードは1/2秒。カメラをガラスに押しつけて固定したのでブレずに撮れた
ak_DSCF0325.jpg 高速で泳ぐサメをISO800で撮影。ISO800まで増感できるデジカメだとこのくらいは撮れる。それでも1/35秒だ
ak_DSCF0350.jpg 海の様子を下から見上げる感じで撮影。ここの魚もいいけど、こうして全体を撮るのも雰囲気が分かってよい
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.