レビュー
» 2005年05月06日 20時15分 UPDATE

iPod vs 音楽ケータイポータブルプレーヤーとして音楽ケータイを検証する (1/5)

本格的な音楽再生機能を搭載した携帯電話の登場で「機種変更すれば荷物を減らせるかも? 」と思うこともしばしば。そこでauのW31Sを音楽プレーヤーとしてiPodと比較してみた。

[渡邊宏,ITmedia]

 家電量販店の店頭に行けば気が付くが、iPodなどのデジタルオーディオプレーヤーはすでにポータブルCD/MDプレーヤーの売り場を奪うほどの人気となっており、毎日持ち歩くツールとして手放せないという人も多いはず。一方、毎日持ち歩くツールとしてもうひとつ欠かせないのが携帯電話。最近では携帯電話のミュージックプレーヤー化も進んでおり、auのW31Sはそうした“音楽ケータイ”の筆頭ともいえる存在だ。

 これまで携帯電話とデジタルオーディオプレーヤーの2つを持ち歩いていた人が、こうした音楽ケータイの登場を見て「全部携帯で済ませた方が楽じゃないか? 」と考えることはごく自然な流れといえるだろう。ここでは最新の音楽ケータイ「W31S」と人気のiPod Miniを取り上げ、「重さ」「楽曲のインポート」「ポータブルプレーヤーとしての使い勝手」などの項目について比べてみたい。

photo au W31S
photo iPod Mini

トータルの軽さでは機能を凝縮した音楽ケータイに軍配

 まずは持ち運ぶ際、もっとも気になるサイズを比較。W31Sは約50(幅)×107(高さ)×26(厚さ)ミリ、約136グラム。一方のiPod Miniは50.8(幅)×91.4(高さ)×12.7(厚さ)ミリ、103グラム。単純に比較すればiPod Miniの方が小型軽量だが、携帯電話と合わせて持ち歩くことになると話は逆転する。

photo W31SとiPod Miniを並べてみると、幅と高さは大差ないものの厚さは2倍以上になるため、手にしてみるとW31Sが大柄に感じる

 iPod Miniに、筆者の所有している携帯電話(NTTドコモ P900i 幅51×高さ104×厚さ26ミリ 約128グラム)の大きさを加えると、下の写真のようになる。2つをあわせた重さは約231グラムとなり、携帯電話とオーディオプレーヤーを持ち運ぶ、ということを考えればW31Sの方がはるかに気軽といえるだろう。

photo W31SとP900i+iPod Mini。持ち運びやすさについてはW31Sが圧倒的に優位といえる

複数の楽曲入手方法を持つW31S、シンプルな楽曲インポートが魅力のiPod、

 楽曲をどこからインポート(入手)するかという点では、携帯電話であるW31Sの方が多彩な方法をサポートしている。CDからのリッピングのほか、ネット上の音楽配信サイト(Mora)や「着うたフル」からも楽曲を入手できる。一方のiPodは音楽配信サイト「iTunes Music Store」がまだ日本国内ではサービスを開始していないため、楽曲の入手はCDからのリッピングに頼ることになる。

 W31Sの場合、着うたフルで楽曲を購入する以外は付属ソフト「SonicStage 3.0」を利用して音楽を本体にインポートすることになる。

photo SonicStage 3.0
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.