ニュース
» 2005年05月18日 15時50分 UPDATE

“おまかせ”と“おすすめ”を追加した「W録」――東芝が「RD-XS57/37」を発表 (1/2)

東芝は、DVDレコーダー「RDシリーズ」のミッドレンジモデルとなる「RD-XS57/37」を発表した。両モデルとも「W録」に対応し、XS57はHDMI出力もサポート。さらに、インターネット経由で全国のRDユーザーから“おすすめ番組”を教えてもらえる機能が付いた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝は5月18日、DVDレコーダーのミッドレンジモデルとなる「RD-XS57/37」を発表した。両モデルとも「W録」に対応し、2層メディアへの記録もサポート。さらに、インターネット経由で全国のRDユーザーから“おすすめ番組”を教えてもらえる機能が付いている。発売は6月中旬の予定で、価格はオープン。店頭ではRD-XS57が10万5000円前後、RD-XS37は8万7000円前後になる見込みだ。

photo きょう体にアルミパネルを採用した「RD-XS57」。HDDは300Gバイト

 「RD-XS57」は、「RD-XS53」の後継となるハイグレードモデルだ。地上アナログチューナー×2とBSアナログチューナーを搭載し、裏番組録画も可能。「スカパー!」チューナーを繋げば連動録画も行える。新たにHDMI出力端子も備え、「とにかく何でも付いている多機能モデルが欲しいマニア層向け」(東芝)。

 一方の「RD-XS37」は、160GバイトHDDを搭載。やはり「W録」に対応し、裏番組録画も行える。ただしスカパー!連携やHDMI出力といった搭載していない。主にファミリー層をターゲットにしたモデルだという。両モデルの概要は下記の通り。

photo 「RD-XS37」はホワイトアクリルパネルを採用
製品名 RD-XS57 RD-XS37
HDD 300Gバイト 160Gバイト
DVDドライブ DVD-R/-RW/RAM(2層対応)☆2☆
EPG ADAMS&iNET(WEPG)☆2☆
W録 ○☆2☆
スカパー!連携
HDMI
本体サイズ 434(幅)×339(奥行き)×81(高さ)ミリ 434(幅)×342(奥行き)×78(高さ)ミリ
重量 6.4キロ 6.0キロ
価格 オープン(10万5000円前後) オープン(8万5000円前後)
発売日 6月中旬予定☆2☆

 DVDマルチドライブは両モデル共通で、DVD-RAMが最大5倍速、DVD-RWは最大6倍速、DVD-Rは最大16倍速と高速化している。DVD-RのCPRM対応はもちろん、DVD-R DLもサポート。「マルチドライブで二層メディアに対応したのは初」(同社)。このほかにもLPモードの高解像度化を図り、フルD1(720×480ピクセル)の記録が可能になるなど、改善点は多い。

「おまかせ」と「おすすめ」

 2モデル共通の目玉機能として、EPG周りの強化が挙げられる。スポーツ・ドラマ延長機能のほか、新たに「番組おっかけ機能」を追加して録り逃しを防止。さらに「おまかせ自動録画」や「おすすめサービス」を搭載した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.