ニュース
» 2005年06月07日 12時49分 UPDATE

iTMS開始報道にレーベル各社、「協議はしているが決定事項はない」

iTunes Music Storeが8月上旬に日本でも開始されると報道されたが、楽曲を提供すると報じられたレコード会社はSMEも含め「協議はしているが、具体的な話をできる段階ではない」とコメント

[ITmedia]

 Apple Computerが8月上旬にiTunes Music Store(iTMS)を日本でも提供し始めると6月7日に報道された件について、同社の日本法人であるアップルコンピュータは「Appleとしてコメントを出した事実はなく、報道についてはコメントできない」と述べた。

 報道では、日本国内の主要レコード会社が日本版iTMSに楽曲を提供し、スタート時から50万〜100万曲の楽曲を取りそろえるとされている。楽曲を提供すると見込まれているレコード会社として、東芝EMI、コロムビアミュージックエンタテインメント、エイベックスの名が挙げられている。

 東芝EMIはこの件について「アップル側から提案を受けて話はしているが、具体的な話ができる状態ではない」と述べたほか、エイベックスも「iTMSについてアップル側と協議をしているのは事実。しかし、楽曲を提供するかを含め、開始時期や価格などについては一切決定していない」としている。

 また、同報道の中で条件面での合意がなされていないとされたソニー・ミュージックエンタテインメントも「アップル側から提案を受けて、協議をしているのは事実。しかし、具体的な話をできる状態ではない」と他社と同じ状態であるとしたほか、「(音楽配信サービスの)間口を広げる意味もあるので、iTMSの登場は歓迎したい」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.