ニュース
» 2005年06月08日 23時38分 UPDATE

「インテリア ライフスタイル」で見つけたデザイン家電たち (1/2)

東京国際展示場(東京ビッグサイト)で国際的なインテリア見本市「インテリア ライフスタイル」が開幕した。今年は24の国と地域から455社が参加し、世界中のインテリア製品が集まった。もちろん家電も。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 6月8日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で国際的なインテリア見本市「インテリア ライフスタイル」が開幕した。今年は24の国と地域から455社が参加し、独自のインテリア製品を所狭しと並べている。“ライフスタイル提案型”の展示会を標榜するだけあって、各社の展示ブースはさまざまだ。もちろん家電製品も例外ではない。

photo 「日本におけるドイツ年2005/2006」を記念して、ドイツのインテリア製品を紹介する特別展示「German Living」を会場の入り口付近に設けている。主催はドイツ政府

 中でも注目を集めているのがファミリーブースだ。同社は今年4月にイタリアで開催された世界最大のインテリアショウ「ミラノ サローネ」で発表した2つのメディアカルチェアを出品。同社の世界戦略ブランド「INADA ITALIA」の製品であり、国内では初お披露目となる。どちらもインダストリアルデザイナーの喜多俊之氏がデザインを担当した。

photo ファミリーは年内にもマッサージチェアの製造販売過去会社「INADA ITALIA」をイタリアで立ち上げ、欧州市場へ進出する。「INADA」は、ファミリーの稲田二千武社長の名字を冠した海外向けブランド
photo とにかくゴージャスな「INADA RELAX ROBO」。重量は120〜130キロ、価格は120万円とこちらもゴージャス

 「INADA RELAX ROBO」は、総革張りのゴージャスなメディカルチェア。内部のマッサージ機構は日本製だが、皮の縫製はイタリアの家具職人が手作業で行っているという。国内では年内発売予定で、価格は120万円程度を予定している。

photo 170度までのリクライニング対応。脚部が伸び、座面自体がすべることで、身長2メートルの人でもすっぽりと収まるサイズになる

 マッサージ機能も進化した。従来のファミリー製のメディカルチェアは、筋肉に対して横方向に力を加えるソフトな揉み方が特徴だったが、RELAX ROBOでは“シーソー式押出4つ玉機構”を新たに搭載。「従来のソフトな揉み方を踏襲しつつ、前後左右にも動く新しい動きが加わった」(同社)。さらにボイスコントロール機能もサポートしており、自動コースの選択からマッサージ中の強弱調整まで、声で指示するだけでいい。

photo ボイスコントロール用のマイク
photo コントローラ。国内向けの製品では日本語表記になる

 一方の「INADA TK」は、エアーマッサージ中心のメディカルチェアだ。外観は「リビングルームのソファなどにも合う」デザインで、ヘッドレストの左右にあるスピーカーがアクセント。頭の左右から流れる音楽を聞きながら、全身エアバッグのマッサージでリラックスできる。こちらも年内に国内でも販売する予定で、価格は60万円程度になる見込みだ。

photo ヘッドレスト両脇にあるスピーカーが印象的な「INADA TK」
photo スピーカー。外部入力端子に手持ちにオーディオ機器を接続する

1台2役のサイクロン式掃除機

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.