ニュース
» 2005年07月16日 02時20分 UPDATE

連邦の新型に乗ってきました (1/2)

連邦軍バンダイが極秘裏に進めてきた「V作戦」の全貌が、今明かされる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 バンダイが運営する「ガンダムミュージアム」は、開館2周年の記念リニューアルとして、新コーナー「V作戦 コックピット・リプロダクション」を7月16日にオープンする。ガンダムのコックピットを忠実に再現。来場者が実際に搭乗し、記念写真を撮影できるという。一足早く、見に行ってきた。

photo サイド7松戸駅前にあるバンダイミュージアム。この中で「V作戦」が進行中

 ガンダムミュージアムは、ファーストガンダム(機動戦士ガンダム)の世界観を忠実に再現したミュージアムだ。派手なアトラクションはないが、展示物や解説は極めて詳細で、まるで一年戦争後に作られた“戦史資料館”のような造りになっている。さらに、実物大のザクの頭部や、2フロア分の高さを使った1/1ガンダムAパーツ(5.6メートル)といった巨大展示が来場者を圧倒しまくる。ガンダムファンなら一度は巡礼しておきたい場所だ。

photo 1/1ザクヘッド。開戦直後の戦闘で破壊され、連邦軍が回収したもの(という設定)(C)創通エージェンシー・サンライズ
photo 2フロアぶんのスペースに鎮座する実物大「RX-78」Aパーツ。高さは5.6メートルもあり、リフト(有料)に乗って間近で見ることもできる。整備中という設定で、左腕は未装着だったりする

 2003年夏のオープンから2周年を記念して、「新しいコンテンツを用意しました」とバンダイ。「V作戦 コックピット・リプロダクション」は、“ガンダムを操縦してみたい”“実際に搭乗できる展示がほしい”という来場者の要望によって実現しました。今回は、かなり“濃い”ファンの方はもちろん、SEEDから入ったライトユーザーまで、皆さん楽しんでもらえると思います」。

 ただし、設定としてはガンダムのコックピットではなく、「一年戦争当時、パイロット訓練生達が練習したであろう訓練装置を再現したもの」だ。ストレートにガンダムといわない理由は、「ガンダムのコックピット――つまりコアファイターですが、同時にガンキャノンやガンタンクのコックピットにもなります。ですから、今回はあえて“ガンダムのコックピット”と限定せず、“V作戦”という名称にしました」(バンダイ、メディア部ミュージアムチームリーダーの阪本卓史氏)。

 かなりのコダワリを感じるエピソードだが、一方でコアファイターを実寸大で再現すると「狭すぎる」という理由もあるらしい。設定上、コアファイターのコックピットは幅75センチとかなりタイトで、展示にはあまり向かないからだ。

 そんな大人の事情はさておき、さっそく連邦の新型モビルスーツを拝見しよう。気分はすでに、シャア少佐のお供でサイド7に侵入した新兵のようだ。

photo バンダイ、メディア部ミュージアムチームリーダーの阪本卓史氏。バックにはなぜかジオン公国の国旗。そして「ジーク・ジオン」とつぶやく報道関係者が約1名……

コックピットで記念撮影

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.