ニュース
» 2005年07月19日 12時31分 UPDATE

「この紋所が目に入らぬか」みたいなiPod Miniケース

ソリッドアライアンスはiPod Mini用ケース「印籠-INROU-」を8月上旬から出荷する。漆塗り仕上げで、正面には「リンゴの花」をモチーフにしたオリジナル家紋があしらわれている。

[ITmedia]

 ソリッドアライアンスは7月19日、iPod Mini用ケース「印籠-INROU-」を8月上旬から出荷すると発表した。同社直販サイト「SA-store」での価格は9800円。

photo 「印籠-INROU-」。見た目そのままのネーミング

 新製品は時代劇でもおなじみの印籠の形をしたiPod Mini用ケース。コンセプトは「日本古来の文化と最新IT製品との融合」とのことで、表面の漆塗りについてはエムジーの「速乾性漆塗装技術」が用いられており、生産時間の短縮と漆ならではの質感を両立したという。

 ストラップは本物の印籠と同様に長さを調整することが可能で、腰から下げたり、たすきがけにするなどして携帯できる。内部にはiPodを保護する中敷きも用意されているほか、上部にはヘッドフォンケーブル用の穴が設けられている。

photo ちなみに、印籠の家紋はリンゴの花をモチーフにしたオリジナルデザイン。「スティーブ喜ぶよ、きっと」(同社)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.