ニュース
» 2005年07月21日 13時00分 UPDATE

通好みの広角コンパクト登場――松下、16:9の8.4メガCCD機「LX1」 (1/2)

28ミリからの広角4倍ズームに、サイズ比が16:9という新開発の8.4メガCCDを搭載した新コンセプトのコンパクトデジカメ“LUMIX”「DMC-LX1」が登場した。機能や装備もマニュアル志向の“通好み”仕様。

[西坂真人,ITmedia]

 松下電器産業は7月21日、新コンセプトのコンパクトデジカメ“LUMIX”「DMC-LX1」を発表した。8月26日から発売する。価格はオープンで、店頭での価格は6万3000円前後になる見込み。

photo 新コンセプトのLUMIX「DMC-LX1」

 105.7(幅)×55.8(高さ)×25.6(奥行き)ミリ・重さ約185グラム(本体)の小型軽量ボディに、新開発の光学4倍ズームレンズを搭載。焦点距離は35ミリ判換算で28ミリから112ミリと、広角ファン待望のコンパクト機が登場した。もちろん同社お得意の手ブレ補正ジャイロ機能付きで、レンズは8群9枚(非球面3枚)F2.8〜F4.9のLEICA DC VARIO-ELMARITを使用している。

photo

 注目は「デジカメ用では世界初」(同社)というサイズ比16:9の新開発1/1.65インチ有効840万画素CCDだ。

photo

 従来から16:9のアスペクト比での撮影が可能なデジカメは存在したが、そのいずれもがサイズ比4:3のCCDから上下を切るカタチで16:9画像を作り出していた。今回のLX1は最初からCCDサイズが16:9となっているので、8.4メガCCDのフルスペックでワイド感あふれる16:9の画像が撮影できる。「広角28ミリレンズと組み合わされることで、従来のカメラでは得られなかった新感覚の写真表現ができる」(同社)

photo

 アスペクト比は16:9/4:3/3:2の3段階に切り替え可能。また16:9のCCDサイズを生かして、動画も最大848×480ピクセルというワイドVGA(30fps)で撮影可能だ。

photo 発表会場では16:9の作例も展示(このカット写真も16:9でトリミングしてみた。クリックすると1600×900ピクセル)

 通好みの光学系にあわせて、機能や装備もマニュアル志向になっている。

 大画面で高精細な2.5インチ(20.7万画素)液晶モニターの右側にはマニュアル設定やマニュアルフォーカス時の操作が素早くできるジョイスティックタイプの操作ボタンを新採用。ジョイスティックの長押しでホワイトバランス/ISO/画素数/クオリティの設定が瞬時に可能なショートカット機能も備えた。

photo
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.