ニュース
» 2005年07月22日 13時49分 UPDATE

ビクター、地デジテレビ/チューナーに対応した低価格学習リモコン

日本ビクターは学習リモコン「RM-A800」「RM-A600」を発売する。上位機種のRM-A800は地デジテレビ/チューナーの操作も可能

[ITmedia]

 日本ビクターは7月22日、多くのAV機器を1つのリモコンで操作できる学習リモコン「RM-A800」「RM-A600」を8月1日より販売すると発表した。価格はいずれもオープンだが、実売想定価格はRM-A800が2980円前後、RM-A600が2680円前後。

photo RM-A800(左)とRM-A600

 RM-A800はテレビ、ビデオ、DVDレコーダー/プレーヤーのほか、デジタルCSチューナー(CATVのターミナル/STBB)など、最大5台までの機器を登録し、操作することができる。地上/BS/110度CSの3波に対応したデジタルテレビ/チューナーも操作できる。

 DVD/HDDレコーダーではもはや欠かせない機能となっているEPGによる録画予約にも対応しており、リモコン本体のカーソルキーでEPGの予約操作が行える。動作距離が約4メートルと短くなるが、電池寿命を約2倍に延ばすことができる「ローパワーモード」も搭載する(ノーマルモードでの操作距離は約7メートル)。

 RM-A600は操作機器数が最大4台となり、デジタルテレビ/チューナーの操作を行うことができないほかはRM-A800と同等の機能を備えている。サイズは両製品とも53(幅)×192(高さ)×33(厚さ)ミリ、約175グラム(単三形乾電池2本含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.