ニュース
» 2005年08月08日 17時33分 UPDATE

ケンウッド、ホームシアターにも適したトールボーイ型スピーカーなど

ケンウッドはスピーカーシステムの新製品として3ウェイのトールボーイ型スピーカー「LS-X70-M」など7製品を発売する。音楽鑑賞だけではなく、ホームシアターでの利用にも適したスリムデザイン。

[ITmedia]

 ケンウッドは8月8日、スピーカーシステムの新製品として3ウェイのトールボーイ型スピーカー「LS-X70-M」など7製品を8月下旬より販売すると発表した。各スピーカーには構造や素材について新技術やアイディアが投入されたほか、ホームシアターでの利用にもマッチするスリムなデザインとなっている。

 発売されるのはハイクラス3製品、ミドルクラス4製品。ハイクラスは「LS-X70-M」のほか、センタースピーカーの「CS-X70-M」、ブックシェルフ型スピーカーの「LS-X50-M」が用意される。ミドルクラスは3ウェイトールボーイ型スピーカーの「LS-9070ES-M」、センタースピーカーの「CS-7070ES-M」、ブックシェル型スピーカーの「LS-5070ES-M」、アクティブサブウーファーの「SW-508ES-M」の4製品。

 価格はLS-X70-Mが6万6150円、CS-X70-Mが3万7800円、LS-X50-Mが1万8900円。LS-9070ES-Mが3万1500円、CS-7070ES-Mが1万7850円、LS-5070ES-Mが1万3650円、SW-508ES-Mが3万7800円。

LS-X70-M

 トールボーイ型スピーカーのLS-X70-Mは、長さを従来機種の1.5倍に延長した新型の共鳴管を搭載したほか、ウーファーユニットが1ストロークで動かすことができる空気の移動距離を長くすることで38Hzまでの低音を再生することを可能にした。共鳴管の新開発に伴いウーファーのレイアウトも見直され、ギャップのない厚みのある低音が再生できるという。サイズは228(幅)×1119(高さ)×325(奥行き)ミリ、15.7キロ。

photo LS-X70-M

 スピーカーベースには高比重の亜鉛ダイキャストを使用。床からの防振効果に優れ、設置場所を問わない。また、端子には金メッキが施されたバナナプラグを採用されているほか、バイワイヤリングにも対応する。

CS-X70-M/LS-X50-M

 センタースピーカーのCS-X70-Mは2つのウーファーユニットとミッドレンジユニット、ツィーターを備える4ウェイ4スピーカー構成を採用。ミッドレンジユニットとツィーターには独立キャビネットをエンクロージャー内部に装着することによって、実像感に優れた中高域の再生可能にしたという。サイズは420(幅)×102(高さ)×137(奥行き)ミリ、3.7キロ。

 ブックシェル型スピーカーのLS-X50-Mは、コンパクトなサイズながらも60Hz〜100kHzとワイドな再生能力を備えており、フロントスピーカーとしても利用することができる。別売のスタンド「SR-8000」と組み合わせることが可能なほか、壁掛けで利用することもできる。サイズは102(幅)×288(高さ)×136(奥行き)ミリ、2.6キロ。

photo CS-X70-M
photo LS-X50-M

LS-9070ES-M

 トールボーイ型スピーカーのLS-9070ES-Mは、ツィーターとミッドレンジユニットにそれぞれ専用キャビネットを装着、亜鉛ダイキャストのスピーカーベースや金メッキプラグなど、上位機種のLS-X70-M譲りのスペックながらも低価格を実現した。キャビネットには音響特性に優れたMDF材が使用されている。サイズは220(幅)×1119(高さ)×265(奥行き)ミリ、10.8キロ。

photo LS-9070ES-M

CS-7070ES-M/LS-5070ES-M

 センタースピーカーのCS-7070ES-Mは、ウーファーとツィーターにそれぞれ新設計のユニットを使用、人物のせりふやボーカルもはっきりと再現するという。また、キャビネットの前面にはラウンドバッフルを搭載、回折による影響を低減している。サイズは400(幅)×102(高さ)×136(奥行き)ミリ、3キロ。

 ブックシェル型スピーカーのLS-5070ES-Mは、小型ながらも専用のチューニングダクトが用意されており、幅広い再生帯域でフロント/リアを問わずに使用できる。LS-X50-Mと同じく別売のスタンド「SR-8000」と組み合わせるほか、壁掛けでも利用できる。サイズは108(幅)×213(高さ)×172(奥行き)ミリ、2.2キロ。

photo CS-7070ES-M
photo LS-5070ES-M

SW-508ES-M

 アンプ内蔵スーパーウーファーのCS-7070ES-Mは、下向きと斜めという取り付け角の異なる2つのユニットを搭載しており、2つのユニットで音圧と帯域の補完を行っている。ターンオーバーの切り替え機能も搭載しており、組み合わせるサテライトスピーカーによっては低音のみならず、中低音も再生することができる。出力は150ワット(75ワット×2)で、サイズは219(幅)×439(高さ)×392(奥行き)ミリ、14.5キロ。

photo SW-508ES-M

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.