ニュース
» 2005年08月22日 09時25分 UPDATE

10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス

ヤフーが、フルサイズの楽曲約10万曲を無料で聴ける新音楽配信サービス「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」をスタート。配信方式はあらかじめ用意された楽曲を聴くネットラジオスタイル。

[ITmedia]

 ヤフーは8月22日、フルサイズの楽曲が無料で聴ける新音楽配信サービス「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」を発表、同日から専用サイト(http://station.music.yahoo.co.jp/)で公開した。

photo 新音楽配信サービス「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」

 同社が提供する総合音楽ポータルサイト「Yahoo!ミュージック」でのサービス。試聴のために一部分のみを収録あるいは短く編集したものではなく、最初から最後までを収録した楽曲を配信する。配信楽曲数は約10万曲。

 配信方式は、ジャンル別/アーチスト別になったチャンネルを選択して、サービス側があらかじめ選択された楽曲(計10曲)を聴くというネットラジオスタイル。チャンネル数は35で、J-ROCK/J-POP/クラシック/ジャズなど11のジャンル別チャンネルがラインアップされているほか、アーチスト別では山崎まさよし/鈴木亜美/クレイジーケンバンドなどのチャンネルも用意。各チャンネルごとにさまざまな番組(35チャンネルで計72番組)が用意されている。

 利用手順は、「チャンネル選択→各チャンネル内の番組選択→専用プレーヤー起動→広告露出(映像付き、30秒)→広告終了後、5曲が自動演奏→演奏終了後、広告露出(映像付き、30秒)→広告終了後、新たな5曲が自動演奏」という流れになる。番組には約100〜300曲用意されており、そのなかから10曲が自動選択されるという仕組みだ。

photo 専用プレーヤーの画面

 楽曲再生中の専用プレーヤー画面には、CD購入へのリンクがはられているほか、CD情報/アーティスト情報のページへもリンクされており、そこから楽曲のダウンロード購入、関連ニュース、歌詞のページへも行くことができるという。

 動作環境は、ブラウザがInternet Explorer 5.5以上、OSがWindows 98SE以上、メディアプレーヤーがWindows Media Player 9.0以上/Macromedia Flash Player 6以上。配信楽曲のビットレートは32kbps、著作権保護方式はWindows Media DRM方式。なお、Yahoo!JAPAN IDでログインをしていない場合、3曲目終了後にYahoo!JAPAN IDでのログインを促すメッセージが専用プレーヤーに表示される。

 「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」のサービス提供目的について同社は「『無料で気軽に音楽と触れ合える場所』を創造し『偶然流れ出す音楽とのすてきな出会い』を提供することにより、音楽に触れる機会を増やし、CD販売の売り上げ増加、日本の音楽業界の活性化を図りたい」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.