ニュース
» 2005年09月08日 12時40分 UPDATE

ユーザーの好みに合わせて進化──ソニー、復活“ウォークマン”「Aシリーズ」発表

ソニーマーケティングが、“元祖ウォークマン復活”を掲げた新製品「Aシリーズ」を発表。HDDタイプ2機種とフラッシュメモリタイプ3機種の計5機種。ユーザーの好みに合わせて進化するインテリジェントな機能を搭載。

[西坂真人,ITmedia]

 ソニーマーケティングは9月8日、新ウォークマン「Aシリーズ」を発表した。HDD内蔵「NW-A3000」「NW-A1000」と、フラッシュメモリ内蔵「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」の5機種をラインアップ。全機種共に11月19日から発売する。

photo 新ウォークマン「Aシリーズ」。左から20Gバイト版「NW-A3000」、6Gバイト版「NW-A1000」、フラッシュメモリ版「NW-A60x」
photo 新ウォークマンAシリーズを披露するソニーコネクトカンパニー辻野晃一郎コ・プレジデント

 価格はオープンで、市場想定価格は20GバイトHDD版の「NW-A3000」が3万5000円前後、6GバイトHDD版の「NW-A1000」が3万円前後、フラッシュメモリ内蔵型は2Gバイト版の「NW-A608」が3万2000円前後、1Gバイト版の「NW-A607」が2万7000円前後、512Mバイト版の「NW-A605」が2万2000円前後。

photo HDD内蔵「NW-A3000」「NW-A1000」(写真は6GバイトHDD内蔵「NW-A1000」)
photo フラッシュメモリ内蔵「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」

 ウォークマンAシリーズは「ユーザーの好みに合わせて進化する」をコンセプトにしたポータブルオーディオプレーヤー。

 HDD内蔵「NW-A3000」「NW-A1000」には、再生中のアーティストに近いジャンルのアーティストを検索できる「アーティストリンク」機能を搭載した。

photo 「NW-A3000」(左)「NW-A1000」(右)

 また、Aシリーズ全機種の機能として、ユーザーがよく聞く楽曲や、楽曲発売年でのシャッフルが行える「インテリジェントシャッフル」機能を装備した。

photo インテリジェントシャッフルの1つ、楽曲の年代別にシャッフルする「タイムマシンシャッフル」

 そのほか、日本語自動読み仮名変換機能、日本語の曲名/アルバム名/アーティスト名の50音順表示・検索、Aシリーズ専用ライブラリーソフト「CONNECT Player」標準添付、Hi-Speed USB対応による高速データ転送、ファームウェアによる新機能追加といった特徴を持つ。フラッシュメモリタイプ「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」にはFMラジオチューナーも内蔵した。

photo  
photo 専用ライブラリーソフト「CONNECT Player」

 対応コーデックは従来のネットワークウォークマンと同様にATRAC/ATRAC3/ATRAC3plusとMP3。加えて、ファームウェアのアップグレードによってWMAにも対応予定(時期は今年12月を予定)。

 HDD内蔵「NW-A3000」「NW-A1000」のボディは曲線を立体的に用いた流線形スタイルで、表示デバイスには有機ELディスプレイを搭載。内側から文字が浮かび上がってくるようなつくりとなっている。フラッシュメモリタイプ「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」は、従来機と同じスティックタイプを採用。

photo 写真は「NW-A1000」。カラーはバイオレット/シルバー/ピンク/ブルーの4色を用意

 サイズは「NW-A3000」が65.2(幅)×104.2(奥行き)×21.4(高さ)ミリで重さは約182グラム、「NW-A1000」が55(幅)×88.1(奥行き)×18.7(高さ)ミリで重さは約109グラム、「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」が84.9(幅)×16.1(奥行き)×29.1(高さ)ミリで重さは約48グラム。

 連続再生時間はフラッシュメモリ内蔵「NW-A608」「NW-A607」「NW-A605」が最大約50時間のスタミナ再生に対応。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.