レビュー
» 2005年09月09日 17時10分 UPDATE

レビュー大胆なほど超スリムなプレーヤー、「iPod nano」を使ってみた (1/3)

大胆なほどに薄いiPod nano。「日本人好み」と米Apple幹部もコメントしていたが、実際に使うとどうなのか。さっそく購入して試してみた。

[北村明子,ITmedia]

「薄っ、小さっ、軽っ」――クールさを感じさせる薄さ

 アップルからiPodシリーズの新製品、「iPod nano」が発売された。運良く発売日当日に入手できたのでさっそく触ってみた。

photo iPod miniの後継機種と位置づけられているが、iPod miniのカラフルでポップな印象から一変、これまでのiPodシリーズと同様なクールな仕上がりになった。

 実際に手にした第一印象は、「薄っ、小さっ、軽っ」。iPod miniやiPod shuffleが出た時も、「うわ〜、小さいなぁ」と感じたけれど、iPod nanoはそれ以上。

 iPod miniは、コンパクトながらも意外と密度があるし、iPod shuffleも、極小だけれども角ばっているから、まだ存在感はあるけれど、iPod nanoはそれがまったくないのだ。

photo 左から、iPod photo(30Gバイト)、iPod mini(4Gバイト)、iPod nano(4Gバイト)、iPod shuffle(512Mバイト)
photo 鉛筆と比較。厚みもコネクタの厚みギリギリ。折れそうでこわい

 普段持ち歩いている携帯や財布よりも小さくて、ポケットに物を入れたときの感覚がまるでない。ポケットにすっと滑り込ませられて、すっと取り出せる。間違っても「よいしょ」なんて言葉は出てこない。

 このサイズならば、「オーディオプレーヤーって、首から下げるのはいかにもって感じで恥ずかしい。でもカバンに入れると重くてかさばるからヤダ」なんて感じていた人には最適かもしれない。

 なお、その軽さゆえに、かばんやポケットからiPod nanoを取り出す時、「ケーブルをずるずるひっぱって」本体を取り出す、なんてモノグサな行動もできる(よい子はマネしないで……)。

 ちなみにこんなに小さいのに(小さいから?)バッテリー駆動時間は、なんと14時間。発売日の昼に購入してからほぼフルに使ってみたが、日付が変わっても充電は切れなかった。これならば、普段通勤/通学で毎日聞いていても、一週間程度は充電せずにもつだろう。

クリックホイールも液晶もミニサイズ

 しかし、その小ささが逆に使いにくいと感じる部分もあった。それはクリックホイール。iPodのクリックホイールは直径4センチ強、iPod miniは4センチ弱。iPod nanoは約3センチ。それでいて真ん中の決定ボタンの大きさは、どれも約1.4センチ。つまり、iPod nanoのクリックホイールの幅が狭いのだ。なので、ホイールを回していていると、親指がはみ出てクククっとつっかえてしまうことがあった。

photo うっかりすると親指がはみだしちゃう
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.