ニュース
» 2005年09月15日 13時00分 UPDATE

時代はHDDじゃなくてSDです――松下、3CCD搭載SDカードムービー (1/2)

松下電器産業が、SDメモリーカードに録画できる手のひらサイズのビデオカメラ「SDR-S100」「SDR-S300」を発表。記録方式はMPEG-2で、同梱する2GバイトのSDメモリーカードに約1時間40分の映像が収録できる。実売13万円前後。

[西坂真人,ITmedia]

 松下電器産業は9月15日、SDメモリーカードに高画質なMPEG-2映像を記録できるビデオカメラ“SDカードムービー”「SDR-S100」「SDR-S300」を発表した。価格はオープンで、市場予想価格はS100(10月15日発売)が13万円前後、S300(11月15日発売)が16万5000円前後。

photo “SDカードムービー”「SDR-S100」
photo

 S300は、S100に各種アクセサリーを標準同梱させたモデル。ボディカラーはブラックとなり、グリップ部などが持ちやすい形状になっている。予備のバッテリーが1つプラスされているほか、専用キャリングケース/キャリングバック、カーアダプター、バッテリーチャージャーなどモバイル用途に向けたアクセサリーがセットになっている。サイズは49.9(幅)×80.6(奥行き)×97.2(高さ)ミリ・重さは約245グラム(本体のみ)と、S100よりも奥行きで0.2ミリ高さで0.5ミリ、重さで3グラム増えている。

photo 「SDR-S100」(左)と「SDR-S300」(右)。本体上部や液晶背面部のデザインが若干異なる
photo 「SDR-S300」
photo 同梱の専用キャリングケース/キャリングバック

 同社のDVカメラ「NV-GS250」と同様に1/6インチ80万画素CCDを3枚使用した3CCDシステムを搭載しながらも記録媒体にSDメモリーカードを採用することで、サイズを49.9(幅)×80.4(奥行き)×96.7(高さ)ミリ・重さは約242グラム(本体のみ)という手のひらサイズのコンパクトさを実現した。「3CCDビデオカメラとしては世界最小・最軽量。GS250とほぼ同等のビデオカメラ機能を手のひらサイズに収めた。重さもGS250の半分以下」(同社)

photo SDメモリーカードを採用
photo 同社のDVカメラ(左)やDVDビデオカメラ(右)とS100(中央)との比較

 本体左側にバリアングルの液晶モニターが開く縦型グリップスタイルを採用。主要なボタンの配置を背面の中央にレイアウトすることで、左右対称(シンメトリー)な操作性を確保。モニターのひんじ部にも余裕を持たせて、右手だけでなく左手でも撮影できるようになっている。

photo 縦型スタイルで、左右どちらの手でも操作できるシンメトリー仕様
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.