ニュース
» 2006年01月05日 13時00分 UPDATE

超広角+3倍ズームを1台で――2眼レンズ搭載コダック「V570」

コダックが、23ミリ相当固定焦点と光学3倍ズームという2つのレンズを本体に内蔵したコンパクトデジカメ「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」を発表。超広角撮影と実用ズーム域撮影を両立した。

[ITmedia]

 コダックは1月5日、2つのレンズを1つのカメラに内蔵したコンパクトデジタルカメラ「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」を発表した。2月上旬から発売する。価格はオープンで、市場予想価格は5万円前後。

photo

 23ミリ相当(F2.8)の固定焦点と光学3倍ズーム(39〜117ミリ相当、F3.9〜F4.4)という焦点距離の異なる2つのレンズを本体に内蔵する独自技術「コダック レチナ デュアルレンズ テクノロジー」を採用。従来の光学ズームでは難しかった超広角撮影と実用ズーム域撮影の両立を実現した。「23ミリ相当の広角撮影から117ミリまで5倍ズーム相当の撮影が1台で楽しめる」(同社)。

photo

 有効500万画素1/2.5インチCCDを搭載。固定焦点/光学3倍ズームともにSchneider-KREUZNACH C-VARIOGONレンズを使用。固定焦点レンズの画角は約86度で、狭い場所での集合写真や広大な風景の撮影に威力を発揮する。パンフォーカス採用で、フォーカスタイムラグのない素早い撮影が可能。絞りはF2.8とF5.6の切り替え。撮影距離は80センチ〜∞。ワイドアングルで発生する樽状の歪みを自動補正する「歪み補正機能」も搭載。

 固定焦点の23ミリから、光学3倍ズームが始まる39ミリまでの間はデジタルズームとなる。ワイドレンズを生かしたパノラマモードも搭載。本体だけで最大3枚の画像をつなぎあわせることができ、180度の景色を1つのパノラマ画像にすることも可能。

 光学3倍ズームは鏡筒の飛び出ない屈曲光学系を採用。デュアルレンズシステムながら、サイズを101(幅)×20.4(奥行き)×49.8(高さ)ミリで重さは約125グラム(本体のみ)というコンパクトサイズに収めた。液晶は2.5インチ(23万画素)の大画面高精細タイプを採用。

photo  
photo  

 記録メディアはSDメモリーカード/MMCを採用するほか、本体内に32Mバイトの内蔵メモリを備えた。置くだけで撮影画像を液晶モニターに映し出すデジタル卓上フォトフレーム「Kodak EasyShare フォトフレームドック2」を同梱。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.