ニュース
» 2006年03月31日 20時37分 UPDATE

東芝 藤井氏、「BD 5つのメリット」に反論 (1/3)

東芝がHD DVDプレーヤー「HD-XA1」を発売した。本製品の詳細を確認するとともに、東芝の描く「HD DVD普及のシナリオ」がどのようなものであるか見てみよう。

[渡邊宏,ITmedia]

次世代に一番乗りしたHD DVDプレーヤー「HD-XA1」

 東芝が販売開始を発表したHD DVDプレーヤー「HD-XA1」は、HD DVDのほか、DVD/CDの再生が可能なマルチプレーヤーだ。

photo HD DVDプレーヤー「HD-XA1」

 映像出力としてHDMI、コンポーネント、D4、Sビデオ、コンポジットをそれぞれ1ずつ備え、480i/480p/1080i/720pの出力が可能。アップ/ダウンスケーラを内蔵しており、表示するテレビの解像度にあわせた出力が行える。ビデオDACは11bit/216MHzで、アナログ出力時の画質も期待できる。

 音声出力は2chアナログ、5.1ch対応アナログ、同軸デジタル、光デジタルを備え、Dolby Digital(5.1ch)/Dolby Digital Plus(5.1ch)のほか、Dolby TrueHD(2ch)やDTS-HD(5.1ch)などといった最新規格もサポートする。D/Aコンバーターには24bit/192kHzの「PCM1755」を4機搭載する。

photophoto 背面のインタフェース(左)、前面には「EXTENSION」と名付けられた端子が用意される。将来的にはキーボードなどが接続可能となる見込み

 本体は剛性の高いデュアル構成シャーシにステンレス製リアパネルの組み合わせ。オーディオ出力用電源には、中容量の低インピーダンスケミカルコンデンサをパラレル接続したほか、電動フロントドアやアルミ削りだしインシュレーター、手にすると自動的に明かりがつく(オートセンサー付きシアターライト機能)リモコンなど高級AV機器と呼ぶにふさわしい装備となっている。各所のノウハウについては、RDシリーズのフラグシップモデル「RD-Z1」で培われた技術が投入されているという。サイズは437(幅)×354(奥行き)×115(高さ)ミリ、8.9キロ。

photophoto メニュー画面は3種類のデザインを選択できる

 当面の間は2000台/月のペースで生産が行われ、年末には数万台/月ペースまで向上させる計画。北米地域では本製品のほか、外装とオーディオ関連機能を一部省略したかわりに低価格な「HD-A1」が発売されるが、国内ではHD-XA1のみが販売される。理由について同社では日米では市場特性が異なるので」としている。

 なお、録画機(HD DVDレコーダー)については開発中とされており、明確な市場投入時期などは不明だが、同社 執行役上席常務 デジタルメディアネットワーク社 社長の藤井美英氏は「(6月に行われる)サッカー ワールドカップには間に合わせたい」としている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう