ニュース
» 2006年05月30日 16時27分 UPDATE

東芝、ワンセグ録画も可能なgigabeat Vシリーズ

東芝はポータブルプレーヤー「gigabeat」の新製品として、ワンセグチューナーを搭載した「gigabeat V30T」を発売する。30GバイトのHDDにはワンセグ放送の録画も可能。

[ITmedia]

 東芝は5月30日、ポータブルプレーヤー「gigabeat」の新製品としてワンセグチューナーを搭載した「gigabeat V30T」を6月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンだが、同社直販サイト「Shop1048」での価格は4万9800円。

photo 「gigabeat V30T」

 新製品は3.5インチ(解像度 320×320ピクセル)の液晶ディスプレイと30GバイトのHDDを搭載したポータブルプレーヤー。4月に発表された「gigabeat S」シリーズと同様、WMA/MP3/WAV/WMA 9 Losslessの音声ファイルとWMVの動画ファイルが再生可能。Windows DRMにも対応しており、ナップスタージャパンが開始を予定している定額制音楽配信サービスも利用できる。

 搭載したワンセグチューナーによって、番組視聴のほかHDDへの録画も可能。最大で約130時間/100番組までの録画が行えるほか、24時間先までの録画予約機能も備える。録画した番組ファイルをPCなどへ移動できず、基本的には本体の液晶画面で視聴するようになっている(ビデオ出力端子でテレビなどへ出力することはできる)。

photo 左側面には収縮式のアンテナを内蔵する

 本体インタフェースは既存製品が搭載した「プラスタッチ」や「タッチプラス」などから一般的な十字キーを利用したタイプに変更された。利用頻度の高い項目をワンボタンで呼び出す「QUICKボタン」を備え、操作性の向上を図った。なお、OSは「gigabeat S」シリーズと同じく、「Windows Mobile Portable Media Center(PMC)」を採用している。

photo

 大容量のバッテリーパックを標準で備え、ワンセグ視聴時では約7時間、動画再生時は約9時間、音楽再生時には約25時間の連続利用が行える。音質改善機能「H2Cテクノロジー」も備える。本体サイズは124(幅)×75(高さ)×19.5(奥行き)ミリ、約230グラム(本体のみ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.