ニュース
» 2006年09月06日 17時49分 UPDATE

オーディオテクニカ、小型アクティブスピーカー2機種

オーディオテクニカが、デスクトップなどで使えるアンプ内蔵型アクティブスピーカー新製品「AT-SP120」「AT-SP90」を発表。

[ITmedia]

 オーディオテクニカは9月6日、アンプ内蔵型アクティブスピーカー新製品「AT-SP120」「AT-SP90」を発表した。10月6日から発売する。価格は「AT-SP120」が1万500円、「AT-SP90」が6300円。

photophoto アンプ内蔵型アクティブスピーカー。ホワイト/ブラック2色の「AT-SP120」(左)と、ブラック/レッド/シルバー/ホワイト4色の「AT-SP90」(右)

 デスクトップなどで手軽にステレオサウンドを楽しむための小型スピーカー。入力コード(φ3.5ステレオミニプラグ)をデジタルオーディオプレーヤーやPCなどのヘッドフォン端子に接続することで、パワフルなサウンド(AT-SP120は総合8ワット、AT-SP90は総合5ワット)を楽しめる。

 前面にヘッドホン端子を搭載。サイズはAT-SP120が150(幅)×55(奥行き)×55(高さ)ミリ・重さは右が約192グラムで左が約147グラム、AT-SP90が135(幅)×55(奥行き)×55(高さ)ミリ・重さは右が約175グラムで左が約133グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう