ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年09月27日 17時31分 公開

あの「Rolleiflex MiniDigi」に限定赤バージョン

二眼レフカメラ「ローライフレックス2.8F」をミニチュア化したデジタルカメラ「MiniDigi」に限定バージョンが登場する。

[ITmedia]

 ローライ日本総代理店の駒村商会は、デジタルカメラ「Rolleiflex MiniDigi」の限定「赤バージョン」を11月15日に発売する。限定数は1500台(全世界)で、価格は4万2000円。また国内限定でテディベアとMiniDigi(赤バージョン)のパッケージも発売する。

photo ボディをイタリアンレッドで装った「赤バージョン」(左)。テディベアとのセット(右)は日本国内限定50セット。同じく11月15日発売予定で、価格は5万7000円となる

 1960年に登場した6×6センチ判の二眼レフカメラ「ローライフレックス2.8F」をミニチュア化。中身は2MピクセルCMOSセンサーを搭載し、SD/MMCカードに記録する普通のデジカメだが、ファインダーフードを開いて上からモニターを覗き込む、側面のクランクレバーを巻き上げるとシャッターが降りる、といった“二眼レフ流撮影スタイル”が楽しめる。レンズはもちろんF2.8。

 電源にはCR2リチウム電池を使用する。本体サイズは49(幅)×73(高さ)×45(奥行き)ミリ。重量は電池込みで100グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.