ニュース
» 2007年01月31日 15時38分 UPDATE

ヤマハ、大出力のUSBマルチメディアスピーカー

ヤマハはUSBマルチメディアスピーカー「NX-U10」を3月より販売する。USB1本でPCに接続可能なUSBスピーカーだが、最大瞬間20ワットという大音量も再生できる。

[ITmedia]
photo NX-U10

 ヤマハは1月31日、USBマルチメディアスピーカー「NX-U10」を3月より販売開始すると発表した。価格は2万5000円。

 新製品はボックスタイプのボディを持つデジタルアンプ内蔵のUSBスピーカー。給電をUSBから行うスピーカーは構造上、大音量を出すのが難しいが、新製品は独自回路「PowerStorage」を搭載することで、最大20ワット(瞬間出力、10ワット×2)という大出力を実現した。

 サイズは248(幅)×100(高さ)×33(厚さ)ミリと、B5ノートPCと同時携帯可能なコンパクト。ケーブル1本でPCに接続でき、電源も不要なため、ケーブルの取り回しもシンプルだ。独自開発の低音再生技術「SR-Bass」を搭載しており、こうした小型のマルチメディアスピーカーでは実現しなかった豊かな低音を再生する。スピーカーユニットは38ミリ径のフルレンジタイプ。

 ステレオミニ入力も備えており、iPodなどポータブルプレーヤーの外部スピーカーとしても利用できる。電源についてはUSBのほか、乾電池と付属ACアダプタの利用が可能な3Way形式となっており、利用シーンとスタイルによって切り替えられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.