ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月25日 18時25分 公開

ヤマハ、米クリプシュのスピーカー新ラインアップを国内発売

ヤマハは、米クリプシュの主力スピーカーである「リファレンスシリーズ」新製品を2月9日から順次発売する。ブックシェルフタイプやフロアスタンドなど4モデルをラインアップ。

[ITmedia]

 ヤマハは1月25日、米クリプシュ・オーディオ・テクノロジーズ(以下クリプシュ)の主力スピーカーである「リファレンスシリーズ」新ラインアップを2月9日から順次発売すると発表した。ヤマハは2004年にクリプシュと業務提携を結び、関連会社のヤマハエレクトロニクスマーケティングを通じてクリプシュ製品を販売している。

photo 左から「RB-81」「RB-51」「RF-82」「RC-62」。色は「ブラックアッシュ」のみ

 新ラインアップは、ブックシェルフタイプの「RB-81」「RB-51」、フロアスタンドタイプの「RF-82」、およびセンタースピーカーの「RC-62」。いずれもクリプシュスピーカーの特徴であるTractrix(トラクトリクス)ホーンを搭載した2Wayバスレフ式だ。

 ツィーターには、強度の高いチタン振動板を採用。RF-82/RC-62では98dB、RB-81で97dB、RB-51では92dBという能率を実現している。またウーファーには、軽量なアルミニウム振動板にセラミックコーティングを施した独自の「セラメタリックコーン」を使用。セラミックコーティングにより酸化を防ぎ、剛性を高めており、「スピード感ある歯切れのよい低音を生み出す」という。キャビネットは、内部の補強桟を改良して剛性感を向上。筐体内部の不要振動を排除することに成功したという。

 そのほかの主な仕様と価格は下表の通り。

型番 RB-81 RB-51 RF-82 RC-62
概要 ブックシェルフタイプ フロアスタンドタイプ センタースピーカー
型式 2Wayバスレフ式(防磁型)
インピーダンス 8オーム
最大入力 150ワット 75ワット 150ワット 130ワット
外形寸法(※1) 235×483×311ミリ 165×290×273ミリ 241×1107×413ミリ 597×203×318ミリ
価格 6万1950円(1台) 5万6700円(1ペア) 9万3450円(1台) 7万350円(1台)
発売日 2月9日 3月上旬
※1:幅×高さ×奥行き


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.