レビュー
» 2007年07月03日 09時04分 UPDATE

レビュー:「デジカメ中華旅行・スナップ編」防水デジカメで撮る雨のアモイ――オリンパス「μ780」&「μ770SW」 (1/3)

生活防水に対応したオリンパスμシリーズの最上位機「μ780」と、水だけでなく寒さや重さ、衝撃にも強いタフネスデジカメ「μ770SW」を持って中国に出掛けた。雨や雪、海辺という悪条件でどんな写真が撮れるのか、3回連載でリポートしよう。

[永山昌克,ITmedia]

 成田からの直行便で約4時間、中国福建省の南にある港町アモイ(※)に行ってきた。日本での知名度はあまり高くないが、香港と台湾のほぼ中間に位置し、穴場的な観光地として最近にわかに注目を集めている場所である。見どころは、租界時代に流入した欧米の文化と、古くからある中国の伝統とが混ざり合った独特の風景だ。南国ならではのフルーツや海産物もうまい。

+D Style特集「穴場リゾート 厦門(アモイ)」を参照。

 ちょうどアモイを訪れた日は雨天だったが、今回の旅に関しては雨だろうが雪だろうが、特に気にはしていなかった。なぜなら持参したカメラが、防水対応のオリンパス「μ780」と「μ770SW」だからだ。防水性能をチェックするには、むしろ雨のほうが都合がいい。それに、晴天のアモイの写真はガイドブックにたくさん載っている。雨天+防水デジカメだから撮れる、しっとりした雰囲気の写真を狙ってみた。

photo オリンパス「μ780」。光学5倍ズームと710万画素CCD、CCDシフト式の手ブレ補正を搭載した生活防水デジカメ
photo オリンパス「μ770SW」。光学3倍ズームと710万画素CCDを備え、水深10メートルの防水機能を持つヘビーデューティ機
photo アモイのコロンス島にある海上花園酒店。雨の日は人の姿が少ないという意味では、風景や建物の写真が撮りやすい。μ780
photo 今が旬の楊梅(ヤマモモ)。このほか、パパイヤ、マンゴー、ドリアン、パイナップルなどアモイは果物が食べ放題。μ780
photo 感度ISO800で、福建産のビール「大白鯊」を接写。甘口でアルコール度数は低め。中ビンサイズでも日本円で1本100円以下なのでビールも飲み放題。μ780

photo μ770SWを水面すれすれに構え、池に降り注ぐ雨そのものを撮影。ほかのカメラではこんな真似はできない
photo アモイ最大の観光スポットであるコロンス島に行くためのフェリー。μ780
photo μ780では、テレ側180ミリ相当の画角を得られ、ちょっとした望遠撮影が可能。CCDシフト式の手ブレ補正があるので、ブレの不安は少ない

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.