ニュース
» 2007年07月30日 18時36分 UPDATE

松下、薄型スピーカーでも豊かな低音再生を実現する新技術

松下電器産業は小型/薄型なスピーカーでも原音に忠実な低音を再現する再生方式「ナノベースエキサイター」を開発した。ホームAV機器や携帯端末への搭載を検討する。

[ITmedia]

 松下電器産業は7月30日、小型/薄型なスピーカーでも原音に忠実な低音を再現する再生方式「ナノベースエキサイター」を開発したと発表した。

 この方式はナノレベルの微細な穴が存在する「多孔性カーボン」をスピーカーキャビネット内に配置し、空気分子の密度を制御することで、大型キャビネットを用いるのと同様の低音再生を可能にする。本技術を利用することにより、低音音量を最大2倍(同社従来製品比)まで増加させたほか、携帯端末用の超小型スピーカーでもホームAV用と同等の低音再生効果を得ることができるという。

 同社では本技術について国内外で特許を出願、ホームAV機器や携帯端末への実装を検討するとしている。

関連キーワード

松下電器産業 | 特許 | スピーカー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.