ニュース
» 2007年09月05日 19時51分 UPDATE

象印、広口容器でお手入れ楽々の加湿器

象印マホービンがスチーム式加湿器の新製品を発表。広口の容器でお手入れもラクチン。

[ITmedia]
photo EE−PA25

 象印マホービンは9月5日、スチーム式加湿器の新製品「EE−PA25」を9月11日より販売開始すると発表した。価格は1万5750円。

 新製品は寝室などに適したキューブ型の加湿器。木造和室4畳/プレハブ洋室7畳までに対応する。容器と一体化したタンクは、開口部が広いので給水や掃除がしやすいほか、タンクの内側にはフッ素加工が施され、汚れも落としやすい。

 熱湯を扱うスチーム式の加湿器だが、安全性に配慮し、万一本体を倒しても湯もれを最小限に抑える「転倒湯もれロック」や、キーを長押しすることで「切」キー以外の操作を受け付けなくなる「チャイルドロック」、転倒してもふたが開かない「ふた開閉ロック」を備えている。

 加湿量の切り替えは強・弱の2種類。強では最大4時間、弱では最大8時間の連続加湿ができる。空だき防止の「給水お知らせ」機能も備えた。

 定格加湿量は250ミリリットル/時で、吹き出し蒸気温度は約65度。タンク容量は1リットル。サイズは205(幅)×195(高さ)×205(奥行き)ミリで、重さは1.8キロ。

関連キーワード

加湿器 | 象印マホービン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.