ニュース
» 2007年10月23日 14時29分 UPDATE

レイアウトフリー:日立、厚さ35ミリの超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を発表 (1/2)

日立製作所は、厚さ35ミリという超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を12月中旬から順次発売する。チューナーとモニターを分離した2ユニット構成。またUWB伝送や壁掛けユニットといったオプションを用意し、テレビの新しい視聴スタイルを提案する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日立製作所は10月23日、厚さ35ミリという薄型の液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を発表した。薄さを生かすため、チューナーとモニターを分離した2ユニット構成とし、壁掛けユニットやUWBによるワイヤレス伝送システムといったオプションも用意。テレビの新しい視聴スタイルを提案する。

photophoto “Wooo”「UTシリーズ」

 UTシリーズのラインアップは、32V型、37V型、42V型の3モデル。また、最大のボリュームゾーンとなる32V型には、ブラック、ホワイト、レッド、ブルーのカラーバリエーションを揃えた。価格はいずれもオープンプライスで、店頭価格は32V型が23万円前後、37V型が33万円前後、42V型は43万円前後になる見込み。12月中旬から順次発売する。

photophoto カラーバリエーション(左)と参考出展のフレームバリエーション
画面サイズ 解像度 型番 発売日 店頭想定価格(※)
32V型 1366×768ピクセル UT32-HV700B/W/A/R 2007年12月中旬 23万円前後
37V型 1920×1080ピクセル UT-37-XV700 2008年2月上旬 33万円前後
42V型 1920×1080ピクセル UT-42-XV700 2008年4月上旬 43万円前後
※:価格はオープンプライス

 UTシリーズでは、薄さ20ミリという新開発の薄型液晶パネルを採用している。通常、液晶パネルとバックライトの間にはある程度の距離をおいて光の“ムラ”を防ぐが、同社では液晶パネルとバックライトの間に新方式の拡散板を設け、パネルと蛍光管の距離を縮めることに成功した。

photophoto

 また大型サーバで培った放熱技術を応用。パネルの背面側に約10ミリほどの“空気の通り道”を作った。空気が本体の下から上へスムーズに流れるため、狭スペースのファンレス構造でありながら、壁にぴったりと寄せられる設置の柔軟性を確保できるという。さらに電源は基板の高集積化などにより厚さを従来比1/3に、筐体を支えるフレーム構造も強度解析を使って軽量化と剛性を両立させている。

 この薄型パネルを生かすため、UTシリーズではモニター部とチューナーを分離した2ユニット構成を採用した。チューナー部の「Woooステーション」には、3波対応デジタルチューナーやアナログチューナーのほか、各種入出力端子や録画用HDDを追加できる「iVポケット」を統合。モニター部とはHDMIケーブル1本で接続する。一方、各種の機能を省いたモニター部は、背面までフラット化したシンプルなデザインとして設置の自由度を高めている。

お詫びと訂正:掲載時にデジタルチューナー×2、アナログチューナー×2としておりましたが、実際には各1です。お詫びして訂正いたします

photophoto モニター部のデザインコンセプトは「フレグランス」。ベゼルには透過性のある素材を採用し、香水のボトルのように厚みに変化をもたせた。またベゼル背面には高輝度塗装を施し、光の変化に応じてさまざまな表情を演出している。スピーカーはモニター下部の左右に配置

 「レイアウトフリーのために、360度どこから見ても美しいプロポーションとした。薄く、軽く、美しいモニターだからこそ、好きな場所に置きたくなる。テレビはもっと自由になれるはずだ」(同社コンシューマ事業グループの江幡誠グループ長兼CEO)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.