レビュー
» 2007年12月07日 00時00分 UPDATE

生活防水の1200万画素コンパクト――オリンパス「μ1200」 (1/3)

オリンパスμシリーズの最上位モデル「μ1200」を使ってみた。1200万画素CCDや高解像度レンズユニットを搭載した生活防水仕様のコンパクト機である。その画質はどれほどなのか、チェックしてみよう。

[永山昌克,ITmedia]

暗部を明るく自動補正する「SAT」

 人間の顔をカメラが探し当て、その顔にピントや露出を最適化する、いわゆる顔検出の機能は、最近のコンパクトデジカメでは当たり前になった。主なメーカーの最新の主力モデルは必ずといっていいほど搭載されている。検出の精度やスピードは、顔検出が初登場した約2年前から機種を重ねるごとに向上。加えて、顔検出の応用機能を備える製品も増えてきた。

 オリンパスの防水コンパクト機「μ」シリーズの場合は、今春発売の「μ780」以降の主要モデルに顔検出機能を搭載。顔にピントや露出を合わせるほか、「シャドー・アジャストメント・テクノロジー(SAT、露出自動補正)」と呼ぶ独自の技術を組み合わせることで、背景を含めた画面全体の露出を最適化できる。また、人物がいないシーンでは露出自動補正のみが働き、白とびや黒つぶれの少ない写真が撮れるようになっている。

photo オリンパス「μ1200」

 これらの技術を継承・進化させつつ、さらに顔にまつわる付加機能を追加したのがμのフラッグシップ機「μ1200」である。ユニークな新機能といえるは、笑顔を検出して自動的にシャッターを切る「スマイルショット」、顔に変形を加える「ファニーフェイス」、顔の回りに放射状のぼかしを加える「アウトフォーカス」だ。

 スマイルショットは、シーンモードの1つとして用意される。このモードを選ぶと、顔検出AF/AEがオンになり、画質はSQモードに、ドライブは高速連写モードに自動セットされる。そして、画面内の人物が笑顔になったり、笑顔の人物がフレームインしたりすると、自動的に3枚連写が行われる。例えば記念写真を撮る際、セルフタイマーの代わりに利用すると楽しい。笑顔の検出から実際にシャッターが切れるまでに少々タイムラグがあるため、いい笑顔で撮られたいと思うなら、無理してでも笑い続けるようにしたい。

photo 「スマイルシャッター」作動中の液晶画面

 一方、ファニーフェイスとアウトフォーカスは、顔検出で撮った画像に対して後からカメラ内で加工を施す仕掛け。この機能を使って連想したのがプリクラだ。今どきのプリクラは編集機能が非常に豊富で、例えば肌や髪の色、目の大きさ、光の当て方などを撮った後から自由に変換し出力できる。それに比べるとμ1200の顔編集機能は自由度でやや見劣りするが、開発の狙いは同じなのかもしれない。

photo 「ファニーフェイス」では、再生画像の顔に対して目や口を4パターンに歪ませることができる
photo 「センターフォーカス」では、顔の周りを放射状のアウトフォーカスに仕上げる

 顔とは直接関係ないが、そのほかのカメラ内編集機能として、モノクロやセピアへの変換、明るさや鮮やかさの補正、電子的手ブレ補正、フレームやタイトルの合成、カレンダー作成などに対応する。また同社製xDピクチャーカード使用時には、新しいパノラマ機能も利用できる。これは、液晶上のターゲットマークを見ながら自動的につなぎ撮りを行い、その一連のカットをカメラ内でパノラマ合成・再生する機能。従来のパノラマ機能に比べ、撮影と合成がより簡単になった。

関連キーワード

μ | オリンパス


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.