レビュー
» 2008年02月13日 08時30分 UPDATE

フォトレビュー:写真で見比べるKiss XとKiss X2 (1/2)

キヤノンが発売するデジ一眼「キヤノン EOS Kiss X2」。既存モデルのEOS Kiss Digital Xとの外観比較を中心に製品を紹介する。

[渡邊宏,ITmedia]

 キヤノンが新発売する一眼レフデジカメ「キヤノン EOS Kiss X2」。販売開始は3月下旬の予定だが、一足先にβ機を入手できたので、既存モデルのEOS Kiss Digital Xとの外観比較を中心に製品を紹介する。なお、製品レビューについてはまた別の機会に掲載する予定だ。

photo 「キヤノン EOS Kiss X2」。ボディのみの実売想定価格は9万円前後。写真の手ブレ補正付きレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」をセットしたレンズキットが10万円前後
photo ともに18-55mmの標準ズームを取り付けたKiss X2(左)とKiss X(右)

 キヤノン EOS Kiss X2(以下Kiss X2)はEOS Kiss Digital X(以下Kiss X)の後継ではなく、上位機種と位置づけられる製品。撮像素子はKiss Xの有効1010万画素CMOSから約1220万画素CMOSへと高画素化が図られたほか、画像処理エンジンにDIGIC IIIを搭載することで最高約3.5コマ/秒・連続約53枚の連写性能も備えている。

 Kiss Xと見比べた際、最も大きな違いは背面液晶のサイズ。Kiss Xの2.5型から3.0型へ大型化され、それに伴い、Kiss Xでは液晶左側に配置されていた「DSIP」「MENU」「再生」などのボタン配置も見直されている。

photophoto Kiss Xに比べて全体的なラインは丸みを帯びている(左)、背面液晶は2.5型から3.0型に大型化され、ボタン配置も変更された
photophoto 側面。グリップの表面処理が変更されている

 ボタン類ではISO感度調整ボタンの新設が目を引く。Kiss XではISO感度を変更する際、メニューボタンから項目を呼び出す必要があったが、Kiss X2では新設されたボタンを用いることでワンアクションでISO感度が変更できる。

photophoto ISO感度ボタンが新設された(左)、「MENU」と「DSIP」ボタンは液晶左上に(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.