ニュース
» 2008年05月02日 13時48分 UPDATE

日本ビクター、世界初の8K4K D-ILA デバイスを開発

日本ビクターがプロジェクター用高精細反射型デバイスD-ILAの新製品として、投射型表示デバイスとしては世界最高の画素数となる約3500万画素の映像を表示できる「1.75 インチ 8K4K D-ILA デバイス」を開発。

[ITmedia]
photo 1.75インチ 8K4K D-ILAデバイス

 日本ビクターは5月2日、プロジェクター用高精細反射型デバイスD-ILAの新ラインアップとして、約3500万画素の映像を表示できる「1.75 インチ 8K4K D-ILAデバイス」を発表した。投射型表示デバイスとしては世界最高の画素数となる。

 デバイス解像度は8192×4320ピクセル。NHKが次世代の放送技術として推進しているスーパーハイビジョン規格(7680×4320ピクセル)に完全対応する。

 画素ピッチは4.8マイクロメートル。画素間ギャップは0.24マイクロメートルで、高解像度でありながら90%以上の高い開口率を実現した。また、液晶の配向による乱れ低減化技術を採用し、反射面での光の散乱や回折などを異常光を抑えることで、デバイス単体コントラストは20000:1を実現したという。

 ビクターでは、1.75インチ 8K4K D-ILAデバイスを主に高精細映像研究用として提供するほか、3D表示技術への応用展開も予定しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう