連載
» 2008年09月24日 20時08分 UPDATE

橘十徳の「いいトシして玩具三昧」第5回:大人も楽しい調理玩具「ふとまきまっきー」 (1/2)

ごはんと具を入れてハンドルを回すだけで、バラエティーに富んだ太巻きや細巻きを自在に作ることができる。バンダイの「ふとまきまっきー」は、子どもから大人まで楽しめるおもちゃ感覚の調理器具だ。

[橘十徳,ITmedia]

 太巻きを作ったことのある人はよく知っていると思うが、あれは作るのがなかなか難しい。“巻きすだれ”にごはんと具を置いて巻き上げていく作業にはコツがいるので、慣れない人が形良く仕上げるためにはじっくり時間をかける必要がある。そんな太巻きをいとも簡単に作れる商品が登場した。バンダイの「ふとまきまっきー」だ。

photo 「ふとまきまっきー」の本体。オレンジ色の本体に白のスライドフレームがのる

 ごはんと具とノリをセットするだけで、誰でも太巻きや細巻きを作れるというこの商品は、遊びの感覚で調理ができる新感覚のおもちゃともいえる。ワタクシのような手先の不器用な人間にとっては救世主のような商品であり、発売を知った瞬間に購入を決めた次第だ。

 購入したのは楽天市場の某店で、価格は税・送料込み3710円。巻きすだれに比べるとかなり高いが、Webサイトの紹介ページを見ていると、動物の顔をした色とりどりのカラフルな太巻きが並んでいて、実に楽しげだ。単に調理器具だけが入っているだけでなく、これらの太巻きの作り方が書かれたレシピも付いてくるので、付加価値を考えると妥当な値段といえるかもしれない。

パーツは多いがセットは簡単

 太巻きを作る器具ということで、本体のサイズはけっこう大きい。本体のほかにも押し型やしゃもじ、トングなどさまざまなパーツが入っていて、部品点数がかなり多いのだ。これらのパーツはすべて水洗い可能で、ハンドルローラーやトング、イーゼルは分解して洗うことが可能。食べ物を扱うための器具なので、使い終わったあとの洗浄はしっかりとやっておきたい。ちなみにごはんや具をセットするための「まきまきシート」と呼ばれる透明なシートは3枚入っており、汚れたり破れたりしたら予備のシートを使える。

photophoto レシピカード(左)。4種類の押し型とカバー(右)

 器具のセットはそれほど複雑ではない。スライドフレームや移動ローラーのセット位置に少し戸惑うかもしれないが、慣れればすぐにセットできるようになるだろう。実用一辺倒の道具というわけでもなく、レシピカードを収納する小型のイーゼルも付いており、レシピカードをセットして立てておけば、これを見ながら楽しく調理できる。なお、レシピカードやイーゼルも含め、パーツはすべて本体に収納できるようになっていて、使い終わったあとの片付けも楽だ。収納場所に困ることもないし、子どもに器具を片付ける習慣をつけさせるのにも役立つだろう。

photo 付属品をすべて本体に収納した状態

 それでは実際に作ってみよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう