ニュース
» 2008年09月30日 14時24分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2008:CEATEC開幕、会場を彩る“個性派テレビ”たち (1/2)

レーザーテレビに立体テレビ、壁掛けならぬ“壁立てテレビ”まで――9月30日に幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2008」では、個性的なテレビの数々を見ることができる。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo

 9月30日、千葉・幕張メッセで日本最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」が開幕した。幕張は小雨がぱらつくあいにくの天気ながら、会場には早い時間から多くの人が訪れ、お目当ての新製品や参考展示をチェックしている。今年も最も注目を集めているのは薄型テレビのようだ。

 シャープは、初日の午前中に液晶テレビ“AQUOS”の最上位モデルとなる「Xシリーズ」2製品を発表。同社初となるLEDバックライトと部分輝度制御の採用により、NTSC比で約150%以上という色再現性を実現した(→発表記事)。同社ブースにはさっそく実機が展示され、その色再現性や65V型で2.28センチという薄さをアピールしていた。また、同時にリリースされる“猫足”フロアスタンドや「屏風型スタンド」が独特の存在感を示していたのも印象的だ。

photophoto シャープの「Xシリーズ」と「屏風型スタンド」

 三菱電機も液晶テレビ「REAL」の新製品「LF2000シリーズ」を発表した。こちらは、秋冬モデルの発表時に参考展示されたインテリア志向の“薄型ワイヤレスモデル”をほぼそのままの形で製品化したもの。シリーズといっても、ラインアップは46V型の「LCD-46LF2000」のみで、別体チューナーが付属するセパレート型になっている。テレビとチューナーの間は、イスラエルのAMIMONと共同開発したオリジナルの無線技術で接続。1080iながら非圧縮のハイビジョン伝送が可能だ。

photophoto 三菱電機も液晶テレビ「REAL」の新製品「LF2000シリーズ」を発表。11月下旬発売予定で、「LCD-46LF2000」の実売予想価格は50万円前後。BDレコーダー「DVR-BF2000」は18万円前後

 液晶テレビ本体は、厚さ40ミリの薄型・狭額タイプ。同社お得意のつややかな「DIAMOND Panel」と倍速駆動を組み合わせ、DIATONEスピーカーも備えた。そして特徴的なのは、ディスプレイの真下に“生える”ように延びた「かべぴったりスタンド」(LF-KL2000)。「通常の壁寄せスタンドは、液晶パネルの後ろに設置金具が存在するため、壁ピタといってもすき間ができてしまう。しかし、このスタンドを使えば本当の“壁ぴったり”が可能になる」(同社)。

photophoto ディスプレイの真下にスタンド

 ほかにも2本のポール(いわゆる“つっぱり棒”)を使って壁掛けテレビを実現する専用金具もラインアップする予定。ポールは市販の金属製つっぱり棒が利用できるという。

 同時に発表されたBDレコーダー「DVR-BF2000」は、テレビの別体チューナーと共通のデザイン。180(幅)×180(高さ)×298(奥行き)ミリとコンパクトで、本棚などに並べて設置できる。機能的には、現行の「DVR-BZ200」とほぼ同等だという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう